選手権得点ランキング上位者たちが選んだスパイクはミズノだった

選手権得点ランキング上位者たちが選んだスパイクはミズノだった

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/01/13
No image
No image

↑クリックしてクーポンGET↑

第99回全国高校サッカー選手権は、PK方式の末に勝利した山梨学院高(山梨)が2回目の優勝を飾って幕を閉じた。

得点王の称号は、準決勝のハットトリックを含む5得点を挙げた青森山田高MF安斎颯馬(3年)が獲得した。

3得点以上決めた選手は10人。足元に注目すると、上位4人がミズノ製スパイクを着用しており、半数の5人がミズノを履いていた。

上位者が着用した『モレリア2』『モレリアネオ3』『レビュラ』すべてがカンガルーレザーの天然皮革をアッパーに採用しているのが共通点だ。素足感覚の足馴染みの良さ、フィット感、ボールタッチのしやすさがゴールのサポートをしているのかもしれない。

なお、昨年の第98回大会の得点王になった岩本悠輝(静岡学園)と森夢真(四日市中央工)はそれぞれ、ミズノ『モレリアネオ2』とナイキ『ファントムヴェノム』を着用していた。

【得点ランキング】※3得点以上

1位5得点

▼MF安斎颯馬(青森山田)

ミズノ『モレリア2』

2位4得点

▼FW笠井佳祐(関東一)

ミズノ『モレリア2』

▼FW大森涼(帝京大可児)

→ミズノ『レビュラ3』

▼DF藤原優大(青森山田)

ミズノ『モレリア ネオ 3』

5位3得点

▼FW名須川真光(青森山田)

ミズノ『モレリア2』

木内拓海(市立船橋)

ナイキ『ファントムヴェノム』

▼MF島野怜(仙台育英)

ナイキ『マーキュリアル ヴェイパー 13』

▼FW杉本翔(作陽)

アシックス『ウルトレッツァAI』

▼MF川上航立(帝京長岡)

アスレタ『オーヘイ T006』

▼MF広澤灯喜(山梨学院)

アシックス『DSライト X-FLY4』

No image

↑クリックして今すぐスパイク診断↑

●スパイク専門オンラインストア

『ゲキサカFC STORE』

●【特設】高校選手権2020

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加