「今...動いた?」をリアルに体験!「横浜人形の家」にリアルとバーチャルが融合する新感覚ホラーが登場【神奈川】

「今...動いた?」をリアルに体験!「横浜人形の家」にリアルとバーチャルが融合する新感覚ホラーが登場【神奈川】

  • アソビュー!
  • 更新日:2023/01/26

夏の風物詩だったお化け屋敷も、今や年間を通して楽しめるエンタメへと進化を遂げた時代。怨念・呪い・いわくつきの品々が登場する身も凍るほどの恐怖物語から、謎解きを含めたアクションストーリー仕立てまで種類も豊富!ホラー好きはもちろんのこと、初心者さんも訪れたくなる仕掛けがいっぱいですよね。

そんな中、ジャパニーズホラーの大定番である“人形”をモチーフに、本物の人形の家で開催されるのが、「THE YOKOHAMA NIGHT DOLL HOUSE -44の招かれざる人形-」。舞台はなんと横浜の観光スポット「横浜人形の家」。リアルとバーチャルが融合する、新感覚の恐怖を体験してみませんか?

No image

「横浜人形の家」は、横浜元町にある観光スポットで、数あるガイドブックで紹介されるほどメジャーな施設。“横浜発・世界の人形ふれあいクルーズ”をコンセプトに、世界100ヵ国以上の国と地域から集まった1万点以上もの人形たちが展示されています。横浜市の施設として市民から寄贈された人形も“保存管理”していますが、いつもの保管業務が恐ろしい物語が始まるきっかけに…。

同施設では、横浜港に流れ着いた人形を一時保管したことを発端に不可解な出来事が発生。警備会社に異常事態を通報する連絡が届き、参加者は現場へ夜間警備員として向かうことになります。

本物の人形たちが参加者を見つめる中、暗闇に包まれた館内を巡回。何も起こらなくても怖いのに、なんと44体もの怨念まみれの人形亡霊ことお化けアクターたちが、休む間もなく参加者に恐怖をたっぷり届けてくれるんです…。

No image

プログラムのスタート時間は、17:00、18:00、19:00の3つから選択可能。館内のコース説明と巡回を含めて約30分間、暗闇の中でドキドキ・ワクワクのホラー体験ができます。イベントは休館日に行われるので、大絶叫しても大丈夫ですよ!

さらに、市内観光復興事業「Find Your YOKOHAMA」が手がける1泊2日のセットプランも用意。宿泊プランは各日10室限定のプレミア版。思いっきり叫んで楽しんだ後に「ホテルメルパルク横浜」へ向かうと、イベントと連動した特別ホラールームにご案内!スリリングなホラー体験の余韻を味わいながら眠りにつける贅沢なプランです。翌日はそのまま横浜観光に繰り出すのもいいですね。

昼間とは異なる雰囲気の「横浜人形の家」で、44体ものお化けアクターによる迫真の演技を楽しめる恐怖マシマシの新感覚ホラー。ぜひ宿泊プランとセットで、朝まで恐怖と戯れてみてはいかがでしょうか?

【スポット詳細】
名称:The Yokohama Night Doll House -44の招かれざる人形-
開催場所:横浜人形の家
住所:神奈川県横浜市中区山下町18
アクセス:みなとみらい線「元町・中華街駅」4番出口から徒歩約3分
開催日:2月6日
開催時間:17:00、18:00、19:00
料金:【20名限定宿泊付きプラン】大人・子ども25,000円(FindYourYOKOHAMA割引後:15,000円)
【日帰り】大人(高校生以上)2,000円、小中校生1,000円
公式サイト:https://www.welcome.city.yokohama.jp/findyouryokohama2022/

<文=相川真由美>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆福島の“いま”を子どもたちに伝えよう。震災復興フェスで歴史バスツアーや避難所運営ワークショップなどの学びを体験【福島】

◆幻想的に輝く秩父の街を散策!冬の新しいお祭りで神社ライトアップ&迫力の映像体験を楽しもう【埼玉】

◆異次元の心地良さを求めて“絶頂解凍”へ!さらなる快感に導くスパ「悟空SPA」で育児疲れを解消しちゃおう【東京】

横浜市中区(神奈川県)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

この記事をアソビュー!で読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加