二宮和也、嵐の活動休止後初の主演映画が来年公開!ロボットと初共演

二宮和也、嵐の活動休止後初の主演映画が来年公開!ロボットと初共演

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/06/11
No image

嵐の二宮和也(37)が、来年公開の映画「TANG タング」(三木孝浩監督)で主演を務める。

昨年いっぱいで嵐のグループ活動を休止してから初の主演映画となる。同作は、日本でもベストセラーとなった英作家、デボラ・インストール氏のハートウォーミング小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」が原作。ゲーム三昧(ざんまい)で妻に捨てられ、無職で人生に迷子中のダメ男(二宮)が、ある日、家の庭に突然現れた記憶の無い不良品ロボットと出会ったことから始まる壮大な冒険を描く。

不良品ロボット“タング”に命を吹き込むのは、3DCGアニメ映画「STAND BY ME ドラえもん」などを手掛けるVFXプロダクション「白組」。最高峰のVFX技術で、誰も見たことがないクオリティーの映像が期待される。

コロナ禍での撮影を終えた二宮は「ホッとしています」と胸をなで下ろす。ロボットとの共演は初めてとあり、演技プランや撮影スタイルなど挑戦づくしで「個人的には監督の演出に応えられるように必死についていった印象的な作品となりました」と苦労も。特殊な設定については「タングというロボットを通じて、ダメ人間が社会と向き合う。一見、特殊な形に見えますが、普遍的な友情物語だと思っています」と受け止めており、「公開を楽しみに待っていただけたらうれしいです」とコメントを寄せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加