「星の王子ニューヨークへ行く」続編が2021年に配信、エディ・マーフィら続投

「星の王子ニューヨークへ行く」続編が2021年に配信、エディ・マーフィら続投

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2020/11/20

エディ・マーフィ主演作「星の王子ニューヨークへ行く」の続編、「Coming 2 America(原題)」が、2021年3月5日よりAmazon Prime Videoで配信される。

No image

エディ・マーフィ(写真提供:JOHN ANGELILLO / UPI / Newscom / ゼータ イメージ)

1988年に公開された「星の王子ニューヨークへ行く」は、マーフィ演じるアフリカの小国ザムンダの王子アキームが、アメリカ・ニューヨークへ花嫁探しに出かけるさまを描いたコメディ。今作では国王となったアキームが親友セミとともに、アフリカから前作の舞台であるニューヨーク・クイーンズを目指して冒険を繰り広げる。

マーフィのほか、セミ役のアーセニオ・ホール、前国王のジャッフェ・ジョファーを演じたジェームズ・アール・ジョーンズや、シャリー・ヘッドリー、ジョン・エイモス、ルーイ・アンダーソンが続投。ウェズリー・スナイプスレスリー・ジョーンズトレイシー・モーガン、ジャーメイン・ファウラー、ベラ・マーフィ、ロティミ、キキ・レイン、ノムザモ・ムバサ、テヤナ・テイラーが新キャストとして参加する。

「ブラック・スネーク・モーン」のクレイグ・ブリュワーが監督を務め、エディ・マーフィ・プロダクションズとミッシャー・フィルムズが製作。なおマーフィは、ケヴィン・ミッシャーとともにプロデュースも担当した。Amazonスタジオ代表のジェニファー・サルケ、ミッシャーのコメントは下記に掲載している。

ジェニファー・サルケ(Amazonスタジオ代表)コメント

前作「星の王子ニューヨークへ行く」は、最も愛され賞賛を浴びたコメディ映画のひとつで、当時は社会現象にもなりました。エディ・マーフィのコメディアンとしての卓越した才能、優秀な映画製作者、脚本家、そして素晴らしいキャストのおかげで、この新たな冒険の始まりに興奮せざるを得ません。世界中の視聴者がこの陽気で楽しい映画に夢中になり、時代を超えて愛される作品になることは間違いないでしょう。

ケヴィン・ミッシャー(プロデューサー)コメント

Amazonスタジオは、エディ・マーフィ主演の「Coming 2 America」を世界中の視聴者にお届けすることになりました。お客様は、30年間愛されてきたメンバーに再会し、今後何年も愛されるであろう新しいキャラクターと出会って、笑いに包まれるでしょう。

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加