『ブルーロック』第16話 次なる対戦相手は因縁深いライバル達

『ブルーロック』第16話 次なる対戦相手は因縁深いライバル達

  • アニメージュプラス
  • 更新日:2023/01/25
No image

2022年10月8日(土)から放送中のTVアニメ『ブルーロック』の第16話あらすじ、先行場面カットが公開となった。

『ブルーロック』は、累計発行部数1700万部を突破、第45回講談社漫画賞少年部門も受賞した、原作・金城宗幸、漫画・ノ村優介による大人気コミックス。
日本をW杯優勝に導くストライカーを育てるため、日本フットボール連合が計画したのは、 ”ブルーロック(青い監獄)” プロジェクト。集められたのは300人の高校生、そして全員FW(フォワード)。299人のサッカー生命を犠牲に誕生する、日本サッカーに革命を起こすストライカーとは──?
今、史上最もアツく、最もイカれたサッカーアニメが開幕する!

第16話は1月28日(土)25時30分よりテレビ朝日系 全国24局ネット ”NUMAnimation枠” にて放送開始。

あらすじ&先行場面カットはこちら!

<第16話 「三者融合(トライ・セッション)」>
激戦の末に勝利を掴み「適応能力」という自らの新たな才能に気付いた潔。新たに馬狼を加え、次なる戦いに向け3人で練習をすることに。
互いに理解し合おうと試みる潔だったが、強烈な ”エゴ” を持つ馬狼と凪はペースがあわず、それぞれの武器を活かした ”化学反応” への糸口を掴めずにいた。
チームとしての不安が残ったまま、因縁深いライバル達が次なる3対3の対戦相手として立ちはだかる。

No image
No image

>>>第16話先行場面カットを全て見る(写真6点)

(C)金城宗幸・ノ村優介・講談社/「ブルーロック」製作委員会

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加