入院していた加藤浩次、19日から仕事復帰!病名は細菌性肺炎だった

入院していた加藤浩次、19日から仕事復帰!病名は細菌性肺炎だった

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/10/18
No image

肺炎の疑いで入院していたお笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(51)が、明日19日から仕事復帰する。18日、個人事務所が報告した。

12日から入院していた加藤の病状について、「細菌性肺炎という診断結果が出たため、治療を受けておりました」と説明。入院後は順調に回復し、医師から退院及び仕事復帰の許可が下りたため、16日に退院。その後は、自宅で療養していたという。明日19日放送の、MCを務める民放の情報番組で仕事復帰する。

加藤は9日に37度台の微熱があり、同日に新型コロナウイルスのPCR検査を受け、10日に陰性と判明。しかし9日夜には熱が39度台に達したことから、12日に再度PCR検査を受けたが、結果は陰性だった。13日の段階では、微熱、関節炎、食欲不振、倦怠(けんたい)感などの症状があったという。同番組には9日から出演を見合わせていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加