御嶽山 噴火警戒レベル「1」に引き下げ 静穏な状態に戻る傾向【長野】

御嶽山 噴火警戒レベル「1」に引き下げ 静穏な状態に戻る傾向【長野】

  • テレビ信州NEWS
  • 更新日:2022/06/23
No image

御嶽山 噴火警戒レベル「1」に引き下げ 静穏な状態に戻る傾向【長野】

気象庁は23日、長野県と岐阜県にまたがる御嶽山の噴火警戒レベルを「2」から「1」に引き下げました。

御嶽山は今年2月火山性地震が急増し山が隆起する変化が確認されたため噴火警戒レベル「2」の火口周辺規制に引き上げられました。

しかし3月中旬以降、火山性地震は低調となり山の隆起も4月以降停滞していることなどから気象庁は、御嶽山は静穏な状況に戻る傾向にあると判断。噴火警戒レベルを最も低い「1」の「活火山であることに留意」に引き下げました。

気象庁は2月のように火山活動が起こる恐れがあるとして登山をする際はヘルメットを持参するなど安全対策をするよう呼び掛けています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加