元鷹・寺原隼人が3年ぶり現役復帰 北九州投手コーチから“選手兼任”に契約変更

元鷹・寺原隼人が3年ぶり現役復帰 北九州投手コーチから“選手兼任”に契約変更

  • フルカウント
  • 更新日:2022/08/06
No image

ソフトバンク時代の寺原隼人【写真:荒川祐史】

西岡監督率いる北九州でマウンドへ

独立リーグ・九州アジアリーグの福岡北九州フェニックスは6日、寺原隼人投手コーチが選手兼任に契約変更となり、3年ぶりに“現役復帰”することになったと発表した。

寺原兼任コーチは、2001年ドラフト1巡目で日南学園(宮崎)からダイエー(現ソフトバンク)に入団。横浜やオリックス、ソフトバンク復帰などを経て、ヤクルト時代の2019年限りで現役引退した。

2020年からは沖縄のプロ野球球団・琉球ブルーオーシャンズ」で投手コーチを務め、今季から元阪神、ロッテの西岡剛監督が率いる北九州で投手コーチになっていた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加