【都民の消防官】(3)丸の内署消防司令補 内谷公代さん(53) 大嘗祭も入念に「安全作り出す」

【都民の消防官】(3)丸の内署消防司令補 内谷公代さん(53) 大嘗祭も入念に「安全作り出す」

  • 産経ニュース
  • 更新日:2020/10/17

「東京消防庁は、都民の安全を作り出すメーカー」。自身の職場をこう表現する。消防法などに照らし合わせ、火災が起きにくい安全な建物になるよう、消防設備などを指導する火災予防業務を中心に活躍を続けてきた。「階段を一段一段進んでいくような仕事。消火や救助のようにスポットライトは当たらないが、都の安全を守るのは一緒」と力を込める。
 昨年11月の天皇陛下の即位後初の新嘗祭(にいなめさい)「大嘗祭(だいじょう

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加