「言われるがまま」で大丈夫?数年ごとに保険の見直しが必要な理由

「言われるがまま」で大丈夫?数年ごとに保険の見直しが必要な理由

  • ESSE-online
  • 更新日:2022/01/17

主婦業のかたわらエッセイストとしても活動する若松美穂さんが、楽しく、豊かに暮らすためのさまざまな工夫をつづります。 今回は、保険の見直しについて。

No image

保険とのつきあい方~わが家の場合~

生命保険、わが家の大きな見直し時期は、東日本大震災の後でした。万が一に備える大切さを実感したのだと思います。祖母や両親は先を見据えて、色々と教えてくれていた記憶があるのですが興味が持てず、私もあるときまでは現状把握をしていませんでした。

この記事のすべての写真を見る

No image

東日本大震災を機に保険の見直しをしました(※写真はイメージです。以下同じ)

その後、私がしたことはこちらです。

・今入っている保険会社の方と話して、内容を確認

・その場合、営業の方の自社商品になるので、様々な会社の商品を扱う保険会社に依頼し、再度、いい点と見直した方がよい点、新しい提案を伺う。家族にも一緒に聞いてもらいました。

損しているのではと疑っている? という感じですが、ひとつの意見を鵜呑みにするより、あそこでも、ここでも同じことを言われた…という方が、私の場合は自分への説得と安心感につながります。
ちょっと話はそれますが、それゆえ、大きなものを買うときも何社か見積もりを取り、説明を聞いて、適正価格を調べる方です。

また『保険会社』に相談と言うのは簡単ですが、当時はどこに依頼するのかも、悩みどころでした。私の場合、優先したことは自宅に来ていただけること。その都度、たりない書類を探して出すことができたのは安心でした。周囲に話が聞こえないのも安心の理由。
注)あくまでも私の場合です

●必要なことはメモをして、保険証書と一緒に挟んでおく

No image

いろいろと調べ、話を伺った結果、保険の乗り換えや加入など、納得できる結果になりました。

・当時、私たち夫婦はどちらも30代。変更した方がお得なものもあったので、アドバイスを受けつつ、お得なものに乗り換えたり、この先を見据えてガン保険などに加入しました。

・必要なことはメモをして、証書と一緒に挟んでおくのが大事。
その後、数年経って思ったのは、どんなに説明を聞いても忘れていることや覚えていないことがあるということです。そこで、たとえば、「〇年まで支払い」「部分解約も可能。やめる必要はない」などメモを挟みました。

・数年おきに保険の見直しが必要!
入り直す場合も稀にありますが、どちらかというと、「確認」と「プラスになる変更」をするため。

No image

わが家の場合、過去の話ですが、こんな気づきがありました。

・古い保険は、医療保険だけ外し、新たな医療保険に入り直した方がお得だった
・途中から、まとめ払いやカード払いができるようになっているものがあった
・少額ではありますが、違う保険会社で重ねて支払っているものがあり、次の更新時は部分的に更新をやめた

今は保険の仕事に戻って活躍されている友人がいるので、わからないことや疑問に思ったことは、その都度相談しています。餅は餅屋。考え方を教えてもらい、参考にさせていただいております。

若松美穂

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加