『Paradox Live on Stage vol.2』舞台オリジナル新曲の制作が決定 レコーディング風景映像も先行公開

『Paradox Live on Stage vol.2』舞台オリジナル新曲の制作が決定 レコーディング風景映像も先行公開

  • SPICE
  • 更新日:2023/01/25
No image

舞台『Paradox Live on Stage(パラドックスライブ オン ステージ 通称:パラステ)』の新作公演『Paradox Live on Stage vol.2』(2023年3月に上演)にて、舞台オリジナル新作楽曲が制作されることが発表となった。

舞台オリジナル新曲『Here We Go』の歌唱には、歌唱には佐奈宏紀、小南光司、立道梨緒奈、竹内良太、安里勇哉、堀 海登、輝山 立、土屋直武、大崎捺希、武子直輝、川上将大、稲垣成弥、小林竜之、神越 将ら14名の全出演キャストが参加。舞台オリジナル曲は前作で発表された『Fight For The PRIDE』に続き2曲目となる。今作はHIP HOPならではのヒリヒリとした緊張感や疾走感を帯びつつ、『Fight For The PRIDE』同様、会場全体が大いに盛り上がる『Paradox Live on Stage』ならではの1曲に仕上がっているという。楽曲制作は、原作『Paradox Live』で『BaNG!!!』『F△Bulous』などBAEのほとんどのトラックを作曲している藤本和則による完全書き下ろしトラックに、1Nm8の作詞を手掛けるYoung Yazzyが作詞を担当している。

No image

Paradox Live on Stage vol.2 キャラクタービジュアル

さらに、レコーディング風景から制作されるミュージックビデオが後日公開される事も決まり、今回、朱雀野 アレン 役・佐奈宏紀のレコーディング風景が一部先行公開された。フルバージョンのミュージックビデオでは14名全員のレコーディング風景の様子が収められており、出演キャストがバイブス高く、真剣に音楽に向き合い歌唱する貴重な制作風景が見えるものとなる予定だという。

Paradox Live on Stage vol.2 オリジナル楽曲『Here We Go』ティザー映像

また、来場者特典として全14種類の“お礼ボイスメッセージ”付きビジュアルカード(1キャラクター 1種類)の配布も発表となった。カードは全14種類で、1枚につき1名キャラクタービジュアルがプリントされている。なおカード内のQRコードを読み込むと、カードにプリントされたキャラクターを演じる出演キャストからの"来場へのお礼”ボイスメッセージを聴取することができる。メッセージは各出演キャストの個性を垣間見る事ができるほか、来場者ひとりひとりに語りかけるような特別なボイスメッセージを楽しめる仕上がりになっている。この特典は来場1名につき1枚配布され、日によって配布されるカードが異なる。なお絵柄については追って後日発表となる。

No image

『パラステ』原作は、HIPHOPメディアミックスプロジェクト「Paradox Live(パラドックスライブ 通称:パラライ)」。作中では、近未来を舞台に、それぞれの音楽ジャンルでトップを走るHIPHOPチームが自らの音楽でNo.1を獲るためにステージバトルに挑む姿が描かれてる。楽曲とボイスドラマで構成されるCDシリーズやライブイベントを中心に展開中だが、個性的なキャラクター達が織りなす本格HIPHOP楽曲が高い支持を受け、公式YouTubeチャンネル内で公開されているMusic Videoの総再生回数は9,600万回を突破。昨年11月でプロジェクト3周年を迎え、2023年にはTVアニメの放送が決定するなど大きな盛り上がりを見せている。

舞台は、2021年9月に初公演が行われキャスト陣には歌唱・演技ともに高いパフォーマンス力を有する実力派の役者が集結。ストーリーパートでは各チームがそれぞれ自身のトラウマと向き合いながら、己の生き方や音楽への信念をぶつけ合う熱いドラマが展開され、ライブパートではクラブフロアを思わせる大音響・迫力のプロジェクションマッピング映像と共に原作の人気楽曲を多数披露。2.5次元舞台とアーティストライブを融合させた圧倒的なステージングで原作ファンのみならず、舞台ファンからも高い評価を集めた。今作は前作のストーリーに続く形で新たな展開が描かれる予定となっており、脚本を務めるのは、去年の舞台に引き続き、原作ボイスドラマ、TVアニメのシナリオも担う伊神貴世、演出/脚色は私オムが担当する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加