大谷翔平、「アメリカの野球界をより広い世界へ連れて行く存在」と現地メディア

大谷翔平、「アメリカの野球界をより広い世界へ連れて行く存在」と現地メディア

  • J SPORTS|コラム(野球)
  • 更新日:2021/09/18

アメリカの『スポーツ・イラストレイテッド』誌が、大谷翔平を称賛する特集記事を、現地14日付で電子版に掲載した。

No image

「ザ・オオタニ・ルール」と題された、3400ワード以上あるややボリューミューな記事では、まず、「史上最高のシーズンを体現」している今季の大谷を象徴する出来事として、二刀流スターが先発登板して8回を投げ切りつつ、今季40号本塁打を放った現地8月18日のタイガース戦の事例を紹介。

「オオタニは8回表に変化球を捉え、打球初速110マイル(177キロ)、推定飛距離430フィート(131メートル)の本塁打を放ち、今季8回に変化球をここまで速く、そして遠くへ打った2人目の打者となった」と、打者としてのパフォーマンスを振り返った。

そして、「その回の裏に、オオタニは98.1マイル(158キロ)の速球でビクター・レイエスを三振に打ち取ったのだが、今季、先発投手でここまで試合の終盤にここまで速い投球で三振を奪ったのは、彼以外ではゲリット・コールとジェイコブ・デグロムのみである」と、投手としての印象深いシーズンを想起した。

その上で、「もし貴方に、27歳のオオタニが野球史上最も素晴らしいシーズンを送っていることを理解するのに、たった9分5秒しか与えられなかったとしたら、これが貴方にとってその時間枠になる」と、史上最高のシーズンの所以を表現した。

記事では、この日のマウンド上の大谷と同様の好パフォーマンスをアストロズのザック・グレインキーが見せた際、ヒューストンの先発投手は中5日で次の試合に登板したのに対し、「オオタニは翌日の午後、1番打者として先発出場し、2安打、2四球、2得点、1犠牲フライ」だったとした。

さらに「6フィート4インチ(193センチ)、210パウンド(95キロ)の彼は、この日、シーズン14本目の内野安打を決めたのであるが、ここに信じられないながら、事実であるショウがらみのスタッツを紹介する」とした後、次のように続けた。

「オオタニは8月末の時点で、430フィート(131メートル)越えの本塁打の数を最多(15本)としつつ、本塁から一塁の走塁では、彼より8インチ(20センチ)低く、45ポンド(20キロ)軽いアトランタの二塁手、オジー・アルビーズに次ぐ2番目のタイム(4.10秒)を持っていたのである」と、大谷の優れたアスレチシズムを強調した。

この後、記事ではオールスターにおける大谷のメモラブルなシーンを振り返りつつ、いかに大谷が軽めのウォームアップで二刀流を実現させているかについて説明。さらには、速球の球速を調整できる能力や、打つのがほぼ不可能に近いスプリットを投げる大谷の投球能力について、レオナルド・ダ・ヴィンチの筆遣いを例えに芸術的であると称賛。

また、記事ではオールスターのサイン入りユニフォームが、MLB公式オークションで最高値を記録したほか、オールスター間際の60日間でMLBに45万ドルの新しいスポンサー契約をもたらすなど、大谷がビジネス面でもMLBに貢献している側面を伝えた。

さらにフィールドでぶつかったTVカメラマンを気遣う仕草や、打席での礼儀正しさなどに触れ、ジョー・マドン監督による「チームの皆は彼のことが本当に大好きなんだ。皆、彼の能力を称賛している。しかし、皆が彼のことを愛しているのは、彼が尊敬の念を持っていて、謙虚だからなんだ」とのコメントと引用し、その優れた人間性についても指摘している。

その上で、記事では「井の中の蛙大海を知らず」という言葉を引き合いに、「野球界において、井戸の外へ出るとは、アメリカ方式の(選手の)専門化からの脱却を意味する」とした。

「12歳の子供を投手のみに限定すること。平均的な救援投手が1回の登板あたり、僅か19球しか投げないこと。1チームあたり1年で35人の投手を使うことからの脱却を意味するのであり、オオタニは8月中旬に100イニングに到達し、その時点で、全投手の89%の選手たちよりも多くのイニングを投げていたのだ」と、大谷がアメリカの野球界という蛙をより広い世界へ連れて行く存在であると礼賛した。

そして記事はこんな言葉で結ばれている。「我々は井戸の外へ出て初めて世界の広大さを経験できるのである。制限は、はがれ落ちて行くのだ」。

大谷翔平という、ある種、突然変異的な、マドン監督の言葉を借りると、「1世紀に1人出るか出ないか」という1人の選手が、今後のアメリカ野球界の常識をどこまで変えてゆくことができるかは、未知数と言う他なさそうだが、このような議論が起こっている時点で、既に大谷による「史上最高のシーズン」は意義深い物になっていると言えるだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加