サッカー=カナダ代表デービス、心筋炎でW杯予選3試合欠場へ

サッカー=カナダ代表デービス、心筋炎でW杯予選3試合欠場へ

  • ロイター
  • 更新日:2022/01/15

[14日 ロイター] - サッカーのカナダ代表は14日、ドイツ1部ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンに所属するDFアルフォンソ・デービス(21)が心筋炎の症状が出たため、ワールドカップ(W杯)予選3試合を欠場すると発表した。

No image

サッカーのカナダ代表は15日、ドイツ1部ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンに所属するDFアルフォンソ・デービス(写真)が心筋炎の症状が出たため、ワールドカップ(W杯)予選3試合を欠場すると発表した。メキシコ市で2021年10月撮影(2022年 ロイター/Henry Romero)

デービスは今月に入って新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示していた。

デービスは、今月27日のホンジュラス戦と同30日の米国戦、さらに2月2日のエルサルバドル戦と、2022年W杯カタール大会に向けた北中米カリブ海最終予選3試合を欠場することになる。

カナダは同予選で、8試合を終えた時点で勝ち点16。同15の米国、同14のメキシコとパナマを抑えて首位に立っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加