「おちょやん」千代は初舞台に臨む...1月14日のあらすじ

「おちょやん」千代は初舞台に臨む...1月14日のあらすじ

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/01/13
No image

「正チャンの冒険」の本番当日! - (C) NHK

連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)の第29回が1月14日に放送される(以下、今後のあらすじに触れています)。

連続テレビ小説の第103作「おちょやん」は、明治の末に大阪の貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲花)が、華やかな芝居の世界で女優の道を駆け上がる姿を描く物語。現在は第6週「楽しい冒険つづけよう!」に突入している。

ついに迎えた「正チャンの冒険」の本番当日。たくさんの客と子どもたちが劇場に足を運び、そこには別れた夫が引き取った息子と芝居を見る洋子(阿部純子)の姿もあった。

千鳥(若村麻由美)による夜通しのなぎなた稽古のお陰もあり、何とか初舞台を成功させた千代。カフェーの店長である宮元(西村和彦)から舞台成功のお祝いとして、あることを許される。その一方で千鳥は、好評につき延長公演となった千代と座員の姿を見て、険しい顔をしており……。(編集部・大内啓輔)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加