安藤サクラ、“世界でいちばん貧しい大統領”ホセ・ムヒカの平和への思いを伝える

安藤サクラ、“世界でいちばん貧しい大統領”ホセ・ムヒカの平和への思いを伝える

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2020/09/17

ドキュメンタリー「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」の本編の一部が、YouTubeで公開された。

No image

「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」

すべての画像・動画を見る(全11件)

No image

2010年から5年にわたってウルグアイの大統領を務めたホセ・ムヒカを追った本作。“世界でいちばん貧しい大統領”と称されるムヒカの生き方や言葉に触れながら、彼と日本の知られざる関係を紐解いていく。フジテレビの田部井一真が監督を務めた。

この映像は、2016年4月に初めて来日したムヒカが広島・原爆ドームを訪れた際のもので、彼が展示資料を通して原爆投下直後の惨状に触れる様子が収められた。そしてムヒカが書き残した平和へのメッセージが、ナレーションを担当した安藤サクラによって紹介されていく。

「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」は、10月2日より東京・シネスイッチ銀座ほか全国で順次ロードショー。

(c)2020「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」製作委員会

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加