息子よ、大好きな子に塩対応なのナゼ?2歳児の心は思ったより複雑でした

息子よ、大好きな子に塩対応なのナゼ?2歳児の心は思ったより複雑でした

  • Conobie
  • 更新日:2023/02/09
No image
No image
No image
No image

りんちゃんの気を引きたいのか、天邪鬼を発動しているのかわかりませんが、息子の複雑な子ども心を見た気がしました。

保育園ではすごく仲良く遊んでいるようなので、単に親の前で仲良くするのが恥ずかしいのかもしれません。

「『つーくん』はりんちゃんしか言ってないから」という言葉には一瞬「どういうこと…⁉︎」と考えてしまいました。

りんちゃんが特別な存在なのかもしれないし、息子は私が夫のスリッパを履くと「それはパパのだよ!!」と泣いて抗議したり、「所有」に敏感なので、単にその延長(それはりんちゃんの呼び方だよ!)というだけかもしれない。

実際のところは本人にしかわからないものですね。

そして、もしかしたら本人にもわからないのかもしれません。

余談ですが、担任の先生曰く、りんちゃんに「おもちゃかして!」と言えるのはクラスで息子だけだとか。

りんちゃんが元気すぎてみんなタジタジな中、我が息子だけがグイグイ行ってるのかな……と想像すると面白いです(笑)。

小日向えぴこ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加