『仮面ライダー』俳優にファン激怒! 役柄よりも“BLACK”な裏の顔

『仮面ライダー』俳優にファン激怒! 役柄よりも“BLACK”な裏の顔

  • まいじつ
  • 更新日:2021/04/07
No image

(C)CHAjAMP / Shutterstock

1987年から88年まで放送されていた『仮面ライダーBLACK』で主演を務めていた俳優の倉田てつをが4月3日、自身の『17LIVE』で生配信。仮面ライダーをディスったとして、ファンから怒りの声があがっている。

【関連】倉科カナの“声優”初挑戦にアニオタ激怒「なぜタレントを?」「素人が…」ほか

奇しくも倉田が生配信した3日は、仮面ライダーシリーズ生誕50周年。倉田は50周年を記念した数々の企画を知っているとしつつ、「いろんなことが耳に入ってきてる」とコメント。続けて、「仮面ライダー50周年って言われてもね、まぁ、ありがとうだけども、まぁ、別に俺、仮面ライダーじゃねえし。たまたま昔ライダーやってたっていうだけで。だからコメントも出さない」と断言した。さらに「俺、仮面ライダー好きじゃないから」と切り捨てる。

倉田の発言に、ネット上では

《マジで東映はこれから先、二度と倉田てつをに仮面ライダーの名前を使わせないほうがいい。営利目的で使うだけ使って、責任も取らず謝罪もせず50周年の節目で「好きじゃない」発言はさすがにダメすぎる》《本当に愛着があるなら、無許可でライダー使って商売したりしないでしょ。嫌いだけど金儲けの道具としては使えるから、あんな商売してたわけだし》《思う事はあったとしても言ってはいけない事が世の中にはあるんだよね。自分一人の力で作ったわけでもないだろうに。結局俳優として食えなくなったのもこういう人間性だからなんだろうな》《散々媚びてきた癖に、不祥事になったら手の平返しでコレか。めちゃくちゃガッカリだわ》《めちゃくちゃ拗らせてるな。子どもの夢を壊してなにが俳優だよ》

などと、非難囂々だ。

たびたび“炎上騒ぎ”を起こす倉田てつを

「倉田の発言が炎上したのは、今回が初めてではありません。過去には配信ライブで課金しないファンに対して『本当に俺のファン?』『(課金しないのは)いい大人が恥ずかしい』などと暴言を吐き、断ったファンを即ブロック。あまりの行為にネット上では〝仮面ライダーブロック〟などと揶揄されていました。また、自身が経営するステーキ店に仮面ライダーの等身大フィギュアを飾っているにもかかわらず、『好きじゃない』などと暴言を吐いているのですから、ファンが激怒するのも当然でしょう」(芸能記者)

最近の倉田は金銭的に困窮しているのか、自身が30年以上使ったという鉄アレイをオークション形式でファンに販売したり、『仮面ライダーBLACK』のマークをあしらったマスクを〝オリジナル商品〟として販売していることも問題視されている。

1971年から始まった仮面ライダーシリーズは、世代を超えた熱いファンがいることで知られている。思い入れのあるファンを袖にするような態度を見せているようでは、正真正銘の〝BLACK〟と言われても仕方ないだろう。

【画像】

CHAjAMP / Shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加