鳴海唯「何も始まらない」仰天始球式を振り返る

鳴海唯「何も始まらない」仰天始球式を振り返る

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/07/20
No image

始球式のマウンド上で外野へ向かって投球しようとする鳴海唯

女優、鳴海唯(23)が日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」(火曜後9・0)にゲスト出演。6月3日に務めた始球式について語った。

番組では横浜スタジアムで行われたDeNA-広島の始球式の模様をプレイバック。直前まで自信満々な様子を見せていた鳴海だが、マウンドに上がるやバッターボックスに背を向けたたずむ。勘違いに気づいて向き直るも、ボールを持っていないことに気づきあたふた。やっとのことで一球を投じるが、打者の背後に大きく外れ、鳴海は顔面蒼白でベンチへ走り去った。

このVTRを見たMCの中居正広(48)から「初めて見た。あんな始球式」と水を向けられた鳴海は、消え入りそうな声で「すみません…」。「(野球のルールの)予習はしていたんですけど、あまりにたくさんの目が自分に向けられているってなった時に、頭が真っ白になってしまって…」と振り返り、「(始まる前は)『いける!』と思ってたんですけど、とりあえずあそこ(マウンド)に行けばいいんだっていうことしか考えてなかった」と話し、「行ったら、『何も始まらない、何も始まらない』って…」とその時の胸の内を明かした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加