KANIのソフトフィルター「シネマディフュージョンフィルター」No.0.5 / No.2 / No.3に新サイズ追加

KANIのソフトフィルター「シネマディフュージョンフィルター」No.0.5 / No.2 / No.3に新サイズ追加

  • CAPA CAMERA WEB
  • 更新日:2022/01/14

ロカユニバーサルデザインは、KANIフィルターの「Cinema Diffusion Filter (シネマディフュージョンフィルター)」No.0.5 / No.2 / No.3に、新たに5サイズを追加した。

No image

発売中の77mmと82mmに、49mm / 52mm / 55mm / 58mm / 62mmを追加。口径49〜82mmのレンズに対応できるようになった。また、49mm~62mmで強度No.1の「シネマディフュージョンフィルター」も、2022年中に発売される予定だ。

No image

パッケージ

「Cinema Diffusion Filter」は、濃度に関わらず価格は同じ。49mmが4,800円、52mmが5,200円、55mmが5,400円、58mmが5,800円、62mmが6,200円 (いずれも税込)。直販サイトと楽天市場・Yahoo! ショッピング・Amazon直営店で購入できる。

No image

「シネマディフュージョンフィルター No.2」を使用した作例

■シネマディフュージョンフィルターとは?

「シネマディフュージョンフィルター」は、映画のワンシーンを思わせる拡散効果があるソフトフィルター。芯がありながらも全体的に柔らかい描写をするブラックミスト効果が得られる。低反射コーティングにより、強い点光源を拡散・強調してもフレア、ゴーストの発生が少なく、帯電防止・撥水・防油コーティングも施されている。No.0.5 / 1 / 2 / 3の4タイプをラインナップし、数字が大きくなるほど効果が強まる。

柴田 誠

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加