テニス=メドベージェフがファンと一悶着、親指下げるしぐさも

  • ロイター
  • 更新日:2022/09/23

[22日 ロイター] - 男子テニスでロシア出身のダニル・メドベージェフ(26)が、22日にフランスで行われたモゼール・オープンの試合中、ブーイングをしたファンと一悶着(ひともんちゃく)する場面があった。

世界ランキング4位のメドベージェフは、シングルス2回戦でスタン・バブリンカ(スイス)と対戦し、4─6、7─6、3─6で敗戦している。

この第3セット途中、いら立ったメドベージェフがコートにラケットをたたきつけると、試合を観戦していた一部のファンがメドベージェフに対してブーイングを行った。すると同選手は、ファンに対して両手の親指を下に向けるなどして対抗。他の観客もそれに加わり、騒ぎは大きくなった。

主審とバブリンカがファンをなだめようとするも、メドベージェフの怒りは収まらず、ファンに対して、頭がおかしくなったのかと言うようなしぐさも見せた。

試合を制したバブリンカは、コート上のインタビューで「いつも素晴らしい戦いをする。彼(メドベージェフ)はランキングのトップにいる選手で、最高の選手の1人であり、コート外でも最高の人間。彼との対戦はいつも素晴らしい」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加