米製菓大手、「スニッカーズ」CMで台湾を国扱い 中国に謝罪

米製菓大手、「スニッカーズ」CMで台湾を国扱い 中国に謝罪

  • AFPBB News
  • 更新日:2022/08/06
No image

マース・リグレーのチョコレートバー「スニッカーズ」(2016年2月23日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】米製菓大手マース・リグレーは5日、チョコレートバー「スニッカーズ」のCMで台湾を独立国として扱ったことへの中国の反発を受けて謝罪し、「中国の国家主権を尊重」すると明言した。

韓国の人気音楽グループ「BTS(防弾少年団)」を起用したスニッカーズのCMのスクリーンショットは、中国本土のソーシャルメディアでたちまち拡散された。中国本土で台湾を独立国として扱うのは厳禁とされている。

マース・リグレーはスニッカーズ中国の微博(ウェイボー)ページに謝罪文を投稿。「わが社は、アジアの特定地域でのスニッカーズの関連の活動についての報告を受け、この問題を非常に深刻に受け止めている。深くおわび申し上げる」と謝罪。現地チームに対し、公式のウェブサイトとソーシャルメディアアカウントについて「宣伝内容に正確を期す」ように確認と調整を求めたと述べた。

さらに「わが社は中国の国家主権と領土保全を尊重し、事業を行うに当たり、中国の法律と規制を厳守する」と明言した。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加