西九州新幹線が開業 整備計画から約半世紀

西九州新幹線が開業 整備計画から約半世紀

  • KTNテレビ長崎
  • 更新日:2022/09/23
No image

テレビ長崎

整備計画が決まってから約半世紀、長崎県と佐賀県を結ぶ西九州新幹線が23日朝、開業しました。

「西九州新幹線 長崎駅開業です」

2日前から開業を待つ行列ができるなど、多くの期待を集める西九州新幹線。

長崎「初」の新幹線出発を前に、鉄道ファンは興奮を隠しきれません。

一番列車の乗客(東京から) 「初めてとかそういうのが好きで。かっこいいし好き」

一番列車の乗客(親子) 「10年後は(一緒に)乗ってくれなくなるかもしれない。一緒に色々楽しみたい」

一番列車の乗客(高校1年) 「どのくらい速いのかも乗ったことないのでそのあたりも覚えておきたいし、車両も新しいのでそういうところも(楽しみ)」

出発の合図は長崎駅の「1日駅長」のこの人!

長濱ねる さん 「出発進行~!」

KTN記者 「午前6時17分、ホームを埋め尽くすほどの多くの人に見守られながら、かもめが長崎駅を後にします」

西九州新幹線は長崎駅と佐賀県の武雄温泉駅までの約66キロの区間を、最速23分で結ぶ「日本一短い新幹線」です。

長崎ー博多間は最速約1時間20分、これまでの特急列車と比べると約30分の短縮です。

JR九州 古宮 洋二 社長 「新しい長崎市の初日1日目。長崎市、長崎県さらに九州全体がもっと、もっと元気になることを祈る」

諫早や大村など、沿線でも様々なイベントが開かれお祝いムードに包まれています。

一方、武雄温泉ー新鳥栖間の整備方式は決まっておらず、全線フル規格化に向けた長崎県と佐賀県の協議の行方も注目されています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加