柳田が珍二塁打 本塁打→アウト→リプレー検証で

柳田が珍二塁打 本塁打→アウト→リプレー検証で

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/07
No image

日本ハム対ソフトバンク 1回表ソフトバンク1死二塁、中前適時打を放つ柳田(撮影・黒川智章)

<日本ハム0-7ソフトバンク>◇6日◇札幌ドーム

ソフトバンク柳田悠岐外野手(32)が、珍二塁打を放った。7回無死一塁で、左翼方向へ鋭い飛球を放った。フェンスを越えるか越えないか、というきわどい打球の跳ね返りを日本ハムの左翼松本がスムーズに処理。塁審が本塁打のジェスチャーをしていたこともあり、中途半端な走塁になった柳田が二塁でタッチアウトとなってしまった。

状況を見た審判団が集まって協議し、審判団の判断でリプレー検証を実施。その後、責任審判の川口一塁塁審が「審判団によるリプレー検証の結果、本塁打ではなく二塁打として、走者二、三塁で再開します」と説明した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加