「クボの時間が待ちきれない」衝撃の“タッチ数ゼロ”でも...久保建英の先発復帰に現地紙は期待!「好調で際立っている」

「クボの時間が待ちきれない」衝撃の“タッチ数ゼロ”でも...久保建英の先発復帰に現地紙は期待!「好調で際立っている」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/04/08
No image

前節のオサスナ戦では81分からの出場となった久保。(C) Getty Images

先月21日に開催されたラ・リーガ第28節のエルチェ戦(1-1)で、7試合ぶりの先発を飾り、同点弾をアシストした久保建英。U-24日本代表の一員として出場したアルゼンチン戦でも2戦目で2アシストをマークするなど、ここにきて調子が上がっている。

だが、現地時間4月3日に行なわれた前節のオサスナ戦では、代表戦帰りということもあり、ピッチに立ったのは81分から。しかも、ボールタッチはゼロに終わるという、衝撃の結果となった。

それでも、現地メディアはこの19歳に期待しているようだ。全国紙の『AS』は、「クボの時間が待ちきれない」と題した記事を掲載。「日本人は、ヘタフェに来てからたった5回しか先発していない。ただ、彼は調子が良く、土曜日のカディス戦のスターターになるのは間違いない」と伝えている。

「この日本人プレーヤーの爆発の瞬間を待っている。今やらなければならない。彼の最近のパフォーマンスを見れば楽観できる。エルチェ戦では、スタメンに復帰して際立っていた」

【動画】絶妙の右足クロス!躍動した久保建英の今季初アシストはこちら記事は最近の出来を称え、「2つのアシストをしたアルゼンチン戦でも素晴らしいプレーをした。2万5000キロという長旅が、オサスナ戦でスターターになる可能性を遠ざけたが、今週、彼はチームと完璧なトレーニングしている」と続け、先発を期待している。

現地も太鼓判を押した久保は、カディス戦でスタメンの座を勝ち取、結果を残せるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加