日本ハム・池田 連敗の流れ変えられず...5回2/3を投げ5失点KO 3年ぶり勝利はお預け

日本ハム・池田 連敗の流れ変えられず...5回2/3を投げ5失点KO 3年ぶり勝利はお預け

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/04/07

◇パ・リーグ 日本ハムーソフトバンク(2021年4月6日 札幌ドーム)

No image

<日・ソ>力投する先発の池田(撮影・高橋茂夫)

楽天からトレード移籍した日本ハムの池田隆英投手(26)が6日のソフトバンク戦(札幌ドーム)で今季2度目の先発マウンドに上がり、5回2/3を投げて5失点だった。

チームは引き分けを挟み4連敗と、流れを変えたい池田だったが初回から苦しい投球となった。先頭の周東に内野安打で出塁を許すと、今宮の犠打、柳田の中前打であっさり先制を許した。さらに2死二塁の場面で5番・栗原に投じた初球の甘く入ったスライダーを右翼席に運ばれ早々に3失点した。

2回には1死から三塁手・野村の失策で出塁させると、制球が定まらず連続四球で満塁のピンチ。今宮に犠飛を打たれて追加点を与えてしまった。それでも柳田を空振り三振に抑えて最少失点で切り抜けた。

3回以降は走者を背負うも無失点と粘りの投球を見せた。しかし、6回、1死から連打を浴びて手痛い追加点を献上。2死を奪ったところで降板した。池田は5回2/3で103球を投げ5失点で、18年4月15日の西武戦以来3年ぶりの勝利とはならなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加