大谷、序ノ口デビュー場所で7戦全勝優勝「緊張しなかった相撲がなかった」師匠宮城野親方と握手

大谷、序ノ口デビュー場所で7戦全勝優勝「緊張しなかった相撲がなかった」師匠宮城野親方と握手

  • 日刊スポーツ(バトル)
  • 更新日:2022/09/23
No image

序ノ口優勝を決めた大谷(撮影・小沢裕)

<大相撲秋場所>◇13日目◇23日◇東京・両国国技館

西序ノ口16枚目で日大相撲部出身の大谷(22=宮城野)が、序ノ口デビュー場所で7戦全勝優勝を飾った。東序ノ口筆頭の若山中(26=放駒)を力強く押し出しで下した。

「初土俵ということもあり、緊張しなかった相撲がなかった。千秋楽の優勝決定戦にもっていくつもりはなかったので、13日目に決められたのは良かった。ホッとしました」と胸をなで下ろした。

沖縄県出身。沖縄・中部農林高から本格的に相撲を始め、184センチ、183キロと堂々たる体格を誇る。大学卒業で相撲に区切りをつけるつもりだったが、師匠の宮城野親方(元横綱白鵬)から声を掛けられて角界入りした。

この日の一番を終えると、花道にいたのが各段優勝力士のプロフィル確認を担当する宮城野親方。互いにがっちりと握手を交わした。

「おめでとう」と親方から声を掛けられたといい、大谷は「上にいくためにどんな相手にもがむしゃらに前にいき、気迫のある相撲を見せたい」と誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加