ライオンズナイター40年目 専業主婦から転身したディレクターが綴るラジオ中継の奥深さ

ライオンズナイター40年目 専業主婦から転身したディレクターが綴るラジオ中継の奥深さ

  • 文春オンライン
  • 更新日:2021/04/08

1982年、ライオンズナイター放送開始。テレビの地上波では巨人戦が主だった時代、パ・リーグ球団のラジオ中継、さらに応援を前面に打ち出した放送は画期的なものだった。今でこそラジオでの野球中継は各局「応援」を謳っているが、当時はさぞ目新しいものだったに違いない。

【写真】この記事の写真を見る(2枚)

そのライオンズナイターが今年40年目を迎えた。かつて目新しかったものも、今や現存する最古のパ・リーグ応援放送である。

現在、ライオンズの試合はパ・リーグTVやDAZNなどのネット中継で、どこにいても生で観ることができる。もちろん、CSを中心にテレビ放送もあるので、何をわざわざ前時代的なラジオを聴く必要が……と思われるかもしれない。

が、ラジオでの野球中継は触れてみると意外と奥が深い。文字通り目に見えないプロの技術が詰まっているのである。そこで今回は、ディレクターが球場の中継ブースで感じるプロの技術の一端を皆さんに紹介したい。

No image

ライオンズナイター中継ブースの様子 ©黒川麻希

専業主婦からラジオのプロに

私自身、ラジオの野球中継に携わり始めたのは2015年(テレビは2014年から関わっている)。今季が7シーズン目なのでまだまだ新参者だが、そもそも当初はラジオ局のディレクターになるとは思ってもみなかった。ラジオでの野球中継の面白さに、私自身、どんどんハマっている。

きっかけは2014年、当時専業主婦だった私のもとに来た、北海道の某局でアナウンサーをしている地元の先輩からの連絡だ。「タダで野球を見られるけど、手伝いに来ないか?」と。

小学生の頃から暇さえあれば野球を見ていた私にとって嬉しすぎる誘いを、二つ返事で受けた。そこで夕方のワイド番組で中継の手伝い(iPad中継のカメラマン)をするようになり、「スコア書けるならスコアラーを」ということで、テレビ中継のスコアラーもやるようになったのである。

翌2015年シーズンは「やるならとことんやってみよう」と思い、プロ野球全球団全試合の記録を取り、資料を作りながら試合を見ることにしたのだが、「この資料は他にも活かせるのでは?」と思い立ち、文化放送のアルバイトに応募。スコアラーとして働き、そしてディレクターになった(その後J SPORTSのMLB中継でもスコアラーを経験し、現在は文化放送と並行してJ SPORTSのMLB中継にも携わっている)。

野球中継、特にラジオの場合、肝となるのは何と言っても実況だ。テレビならつけた瞬間に分かる対戦カードやイニング、得点、塁の状況も、ラジオでは実況者が言わない限り伝わらない。野球を見る/聴く上で最低限分かっていたい状況も、実況者のみが握っている。主導する映像がないので、実況者がすべてコントロールしていかなければいけない。言うなればラジオの実況者は、リスナーの頭の中に絵を描ける唯一の人なのだ。

「絵を描く」ために必要なものは、まずは基本とも言える正確で丁寧な描写だろう。イニング、得点、塁の状況。誰が、どう動いて、どうなったのか。そのためには目の前で起きていることや、実況者が五感で感じるすべてを伝える言葉を持っていなければいけない。

加えて、色を添えるためには、取材を基にした選手情報が必要となる。「試合前はこう話していました」とか「きのうの試合ではこういった場面で凡退し悔しい思いをしました」といった事実から、「今こんな思いでしょう」といったことまで、普段取材をしているからこそ語れるものをまぶしていくことで、色がつくのだ。数字の羅列になってしまいがちなデータも、選手や場面によっては幅を広げるツールになりえる。

試合のポイントを伝えるためには、野球を見る目も必要だ。ひとつのプレーが持つ意味、スコアには表れない選手の動きの意味、考えられる作戦や心理など、目に見えない部分を実況しなければ、本当の意味での野球の醍醐味を伝えられない。「絵を描く作業」は実に奥深い作業なのだ。

実況アナの奥深い技術

そんな奥深い作業を事もなげにこなしている(ように見える)文化放送の実況アナウンサーに、「大切にしていること」を訊いてみた。

寺島啓太アナウンサー(35)は「自分の頭の中に何台のTVカメラを設置できるか、それをいかにうまくスイッチングできるか」と答える。ボールの行方、グラウンドの様子はもちろん、グラウンドの外のこと、ベンチの様子、球場の外の様子など、たくさんのものの中から探り、伝える作業をしているそうだ。「ディレクターでもあり、スイッチャーでもある意識」……バランスの良い寺島アナの実況は、こういう意識から来ているのだなと納得する。

長谷川太アナウンサー(55)は「声を張ると、リスナーは何があったのかと耳がラジオに向く」と言う。リスナーの耳をいかにして引き付けるか、声を張るタイミングを大事にしているとのこと。さらに、「リスナーの耳が向いたタイミングで試合の状況を伝える」。『ながら聴き』をしていても何となく試合の展開が入ってくる実況には、声色でメリハリをつける技がある。

対して、「聴いていて楽しくなるような中継」と答えたのは高橋将市アナウンサー(44)。それがどういう技術によるものなのかは分からないが、同じホームランでも高橋アナの大きな声での実況を聴くと、なぜかこちらまで元気になる。皆さんにもぜひ聴いてみてほしい。

少し違う角度から答えてくれたのは土井悠平アナウンサー(32)。「明るい雰囲気作り。自分自身が目の前の野球を楽しむことを一番大切にしたいと考えて実況」しているそう。たしかに、土井アナが実況する日の中継ブースは穏やかだ。的外れな実況には厳しい解説の東尾修さんも、土井アナと組む日は「ウへへ」とよく笑う。ブースの雰囲気の良し悪しは、きっとリスナーにも届いているだろう。

文化放送2年目、昨年ライオンズナイター実況デビューを果たした山田弥希寿アナウンサー(27)は「ここを聴け!と言えるような存在ではない……」と謙虚に話しながら、野球経験には自信を持っているようだ。というのも山田アナは広島県の瀬戸内高校で山岡泰輔投手(オリックス)と一緒に野球をしていた経験を持ち、プレー以外の状況判断や指示でベンチ入りをつかみ取った過去がある。実況でもその経験を活かしてくれるに違いない。

ラジオの野球中継は試合を描く人=実況者の感性がそのまま出る。幸か不幸か、リスナーはその絵を見ることになるのだが、今はradikoのタイムフリー機能があるので、同じ試合の他局の放送も聴き比べることができる。実況者が何を選び、どの言葉で伝えるか(あるいは伝えないか)。皆さんも、ぜひ聴き比べて好きな実況アナを見つけてほしい(それが文化放送だと嬉しい)。

ライオンズナイター40年目の価値

中継ブースにはほかにも欠かせないスタッフがいる。「スコアラー」だ。

スコアラーとは実況者の横でスコアをつけ、実況者が求めるデータを試合展開に応じて出していくスタッフのことだ。この作業がまたすごい。試合中は当然スコアを書きながら、球数(その打者への投球数)を1球ごとに指で提示し、さらに試合の流れを1枚の紙(いわゆるランニング)に書いていく。これだけでも煩雑なのに、試合の中で起こりそうなこと、達成されそうな記録を事前に調べておいて、その時が来たら実況者に提示する。

さらに、例えば解説者が「今日は一本が出ませんね」と言えば、「この試合、得点圏ではチームで8打数ノーヒット」といった、解説の裏付けになるようなデータを提示する。逆に「打者15人のうち12人に対して3球目までに2ストライクを取って追い込んでいる」というデータを示し、投手がいかに優位に立っているかという話の流れを作ることもある。スコアラーは、データで実況と中継を支えてくれている縁の下の力持ち的存在なのだ。

さらにはスタジオのアナウンサー、ミキサー、他球場の途中経過を現場に伝える仕事を担う人、普段から12球団全選手の資料をつけてくれているスタッフなど、多くの人がひとつの中継に関わっている。

このようにたくさんの人の手で作られてきた文化放送ライオンズナイターは、今年40年目を迎えた。今シーズン毎試合5回裏終了時に放送している『ライオンズナイター40年の軌跡』では、かつて熱を持ってライオンズナイターを作ってきた人たちが語り部となり、当時の選手のことや中継の裏側を語ってくれていて、これだけでも聴きごたえがあるだろう。

ラジオの野球中継が、今シーズンも皆さんの生活の一部に、そして愛するチームを応援するツールになれば、こんなに幸せなことはない。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttps://bunshun.jp/articles/44402でHITボタンを押してください。

(黒川 麻希)

黒川 麻希

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加