7年ぶりのラ・リーガ制覇へひた走るアトレティコ。番記者が解き明かす戴冠チームとの「類似点」と「相違点」【現地発】

7年ぶりのラ・リーガ制覇へひた走るアトレティコ。番記者が解き明かす戴冠チームとの「類似点」と「相違点」【現地発】

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/02/23
No image

リーガ制覇に向け首位に立つアトレティコ(上)。7年前の優勝チーム(下)と比較すると…。(C)Getty Images

アトレティコ・マドリーは、ラ・リーガの折り返し地点となる19試合を終えた時点で、勝点50の大台に乗せた。前回この偉業を達成したのはラ・リーガを制した13-14シーズン。その時と比較する声があがっていることに対し、当のディエゴ・シメオネ監督はチャンピオンチームと発展途上のチームとの差を強調するにとどめているが、具体的に「類似点」と「相違点」を見ていくことにしよう。

最初の類似点はティボー・クルトワとヤン・オブラク、ジエゴ・コスタとルイス・スアレスといずれのチームもそれぞれ抜群の安定感と高い決定力を誇るGKとFWを抱えている点。基本システムは4バックと3バックの違いはあるが、19試合を終えた時点で、クルトワが喫した総失点数は11、オブラクは10、同じく1試合平均の被シュート数も8.9本と9.7本と接近している。

最終ラインにおいて大きな相違点は、フィリペ・ルイスの存在だ。ビルドアップのキーマンとして機能し、現チームでウイングバックを務めるキーラン・トリッピアーやヤニック・カラスコは敵陣深くまで侵入する攻撃力を備えているとはいえ、組み立ての局面においてそこまでのプレゼンスはない。

また13-14シーズンのチームはフィリペが陣取る左サイド経由で攻撃を開始することが多かったが、現在はトリッピアーが絡む右サイドがメインになっている。

現チームで代わりにビルドアップの中核を担っているのが3バックの左を担うマリオ・エルモソだ1試合平均のパス本数67は、13-14シーズンのチームのレギュラーCBを形成していたディエゴ・ゴディンとミランダの34本と28本を大きく凌駕する。

【PHOTO】現地番記者が選ぶ「過去20年のA・マドリー・レジェンドTOP10」を厳選ショットで振り返り!
エルモソとともに最終ラインを形成するステファン・サビッチ(52本)とホセ・ヒメネス(50本)もハイアベレージを記録。ジエゴ・コスタをターゲットにロングボールを蹴り込んでこぼれ球からの二次攻撃を仕掛ける形を基本戦術にしていた13-14シーズンのチームに対し、繋ぐ意識が高まった現チームの特徴が伺える。

それは47%から54%へと上がった1試合平均のボール支配率からも明らかで、その中心選手として君臨するのがコケだ。13-14シーズンのチームのレギュラー陣の唯一の生き残りで、当時は左サイドを起点にしてダビド・ビジャやジエゴ・コスタへのパスの供給役をこなしていたが、現チームではピッチ中央に構え、攻撃を構築している。

1試合平均のパス本数が44本から61本へと上昇しているのはその役割の変化の何よりの証だ。ちなみに13-14シーズンのチームは他のMF陣もガビ(54本)、チアゴ・メンデス(51本)、マリオ・スアレス(46本)といずれも今シーズンのコケの領域には及ばない。

また13-14シーズンのチームは、戦術的ファウルの名手だったガビを筆頭にゴディン、ミランダ、フィリペ、ビジャ、チアゴと歴戦の勇士揃いで、タイトなプレーが際立った。その中で、アルダ・トゥランが攻撃にアクセントを加える役割を果たしていたが、現チームの主力はコケをはじめトマ・ルマール、ジョアン・フェリックス、アンヘル・コレア、カラスコとテクニシャン揃い。その煽りを受けてルーカス・トレイラ、ジョフレ―・コンドグビア、サウール・ニゲスといったタフさを持ち味にした選手は脇役にとどまっている。
プレスラインの設定位置も大きく変わった点だ。13-14シーズンのチームは、高い位置からプレスをかけるのはホームの試合、しかもその多くは最初の30分に限定され、アウェーではもっぱら自陣に引いて守るスタイルに徹した。

さらに先制すれば、そのまま逃げ切りを図るのが常套手段。こうした戦いを可能にしたのは、当時スペースに走り込む能力においては右に出る者がいなかったジエゴ・コスタを擁していたからで、彼の突進力を活かしたカウンターは抜群の切れ味を誇った。

翻って現チームは昨夏のルイス・スアレスの加入を境に、戦術はその新9番へのサポートを厚くすることに舵が切られ、プレスラインの設定位置も自ずと高くなった。展開に応じてリトリートした守備に切り替えることもあるが、敵陣でプレスをかける形が主流になっている。

戦術とは関係はないが、もう一つ顕著な違いがある。首位を快走してきた現チームに対し、13-14シーズンのチームは、シーズンを通してバルセロナとレアル・マドリーと熾烈な争いを繰り広げていた点だ。当時のバルサとマドリーはそれぞれ全盛期のメッシ、クリスチアーノ・ロナウドという絶対的なエースを擁し、アトレティコはあくまでダークホース的な存在だった。新たなチーム、新たなスタイルで、アトレティコは7年ぶりのラ・リーガ制覇を目指す。

文●ラディスラオ・ハビエル・モニーノ(エル・パイス紙アトレティコ・マドリー番)
翻訳●下村正幸

※『サッカーダイジェストWEB』では日本独占契約に基づいて『エル・パイス』紙の記事を翻訳配信しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加