広島・鈴木誠が一時逆転の7号2ラン「今は何とか必死に一本出して、という感じ」

広島・鈴木誠が一時逆転の7号2ラン「今は何とか必死に一本出して、という感じ」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/05
No image

3回、左翼スタンドへ逆転2ランを放つ広島・鈴木誠也(撮影・立川洋一郎)

「広島2-3巨人」(3日、マツダスタジアム)

広島の鈴木誠也外野手(26)が一時逆転となる7号2ランを放った。0-1の三回2死二塁、巨人先発・畠のスライダーを捉え、左翼席に運んだ。「甘かったので、そこを仕留められたのは良かった」と振り返った。

これで今季7本塁打のうち、巨人戦は4本目。巨人戦の通算は36本となり、カード別最多を更新した。

チームは敗れて空砲に終わったが、6試合連続安打と好調を維持している。「今は何とか必死に一本出して、という感じで。いいところで打たないといけない」と主砲。今後もバットでチームをけん引していく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加