古橋退団の神戸、後釜に大迫勇也をリストアップ!ブレーメンは移籍金次第で放出に前向き

古橋退団の神戸、後釜に大迫勇也をリストアップ!ブレーメンは移籍金次第で放出に前向き

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2021/07/21
No image

大迫勇也: Gettyimages

ヴィッセル神戸がブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也の獲得に興味を示しているようだ。ドイツ『fussballeck』が報じた。

今季ここまで明治安田生命J1リーグ21試合に出場して得点ランキングトップとなる15ゴールを記録していた日本代表FW古橋亨梧のセルティック移籍が正式決定した神戸。その後釜獲得を目指す神戸は大迫を候補の1人としてリストアップしているようだ。

しかし、選手自身ヨーロッパでのプレーを希望していることが障壁となる模様。ただ、2022年夏まで契約を残す大迫に対して、適正価格でのオファーが届けば売却に応じるという。なお、『transfermarkt』は日本代表FWの市場価値は100万ユーロと見積もっている。

鹿島アントラーズでプロキャリアをスタートさせた大迫は2018年夏からブレーメンでプレー。昨季はブンデスリーガ24試合に出場してノーゴールに終わっていたが、2013年以来8年ぶりにJリーグへ復帰することはあるのだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加