NVIDIAのGPU「GeForce RTX 3070 Ti」の海外レビューまとめ

NVIDIAのGPU「GeForce RTX 3070 Ti」の海外レビューまとめ

  • GIGAZINE
  • 更新日:2021/06/12
No image

NVIDIAが「GeForce RTX 3080 Ti」と同時に発表した「GeForce RTX 3070 Ti」が、2021年6月10日についに発売されました。これに伴い海外メディアから3070 Tiのレビューが多数公開されているので、新しいグラフィックカードの評価がどんなものになっているのか早速チェックしてみました。

2021年6月2日に発表された3070 Tiは、「GeForce RTX 3070」の上位版、「GeForce RTX 2070」の後継モデルという位置づけにあるGPUです。GPUコアには3080 Tiと同じく「Ampere」アーキテクチャを採用しており、「GeForce RTX 2070 SUPER」と比べて1.5倍速い処理速度を実現しています。

スペックは以下の通り。3070からのスペック上の大きな変化としては、メモリがGDDR6からGDDR6Xにアップグレードされた点。これによりメモリ帯域幅は26%向上しています。ただし、メモリの容量自体は3070と同じく8GBです。

GPU:GA104

CUDAコア数:6144

メモリ:8GB GDDR6X

メモリバス:256ビット

メモリ帯域幅:608GB/s

ブーストクロック:1770MHz

TDP:290W

ダイサイズ:392mm2

トランジスタ数:約174億個

No image

NVIDIAが「GeForce RTX 3080 Ti」「3070 Ti」を発表、3080 Tiは「3090」に迫るスペック - GIGAZINE

希望小売価格499ドル(約5万5000円)の3070は、信じられないほど効率的な消費電力対性能比(FLOPS/ワット)を有するGPUとして発売されました。対する3070 Tiは希望小売価格が20%跳ね上がって599ドル(約6万6000円)となり、熱設計電力(TDP)も32%高くなっています。Ars Technicaは、NVIDIAの「Ti」モデルは通常、下位版となる「Ti」のないモデルよりも電力効率も優れていないと指摘。それでも、「価格上昇と電力効率の悪化に見合ったパフォーマンスの向上が見られるなら問題ない」と記しています。

しかし、3070 Tiについては「パフォーマンスの向上が見られるものの、その上げ幅は革命的なものではありません。そして、それはNVIDIAの設計うんぬんよりも、3070と3080の間に位置することとなる3070 Tiの立ち位置によりそうならざるを得なかったためかもしれません」と指摘。

実際、3070 Tiと3070をスペック上の数値で比較しても、CUDAコア数、テクスチャユニット数、Tensorコア数、RTコア数は4.16%しか増加しておらず、ブーストクロックの増加はそれより低く、ROPに至っては数値上の変化はありません。また、実際に複数のベンチマークテストを行ったところ、「テストのスコアはほぼ同点で、最も一般的な結果は『3070 Tiが3070よりも7%ほどスコアを伸ばしている』というものでした」とArs Technicaは記しています。

RTX 3070 Ti review: Nvidia leaves the GPU fast lane (for now) | Ars Technica

No image

https://arstechnica.com/gadgets/2021/06/rtx-3070-ti-review-nvidia-has-flipped-its-turn-signal-out-of-the-gpu-fast-lane/

Ars Technicaによるベンチマークテストのスコアや、各タイトルの最高設定でゲームをプレイした際の平均フレームレート数をまとめた表が以下。3070と3070 Tiの間にパフォーマンス面の大きな違いがないことがよくわかる結果となっています。

30703070 Ti30803DMark Time Spy133341440817230アサシン クリード ヴァルハラ(4K)44.9fps48.8fps53.5fpsアサシン クリード ヴァルハラ(1440p)68.6fps73.7fps78.2fpsアサシン クリード オデッセイ(4K)50.3fps53.9fps61.3fpsアサシン クリード オデッセイ(1440p)75.8fps76.8fps82.8fpsレッド・デッド・リデンプション2(4K)50.8fps54.9fps65.8fpsレッド・デッド・リデンプション2(1440p)77.1fps81.3fps97.6fpsグランド・セフト・オートV(4K)53.5fps58.8fps64.5fps

Ars Technicaが3070 Tiの立ち位置に疑問を呈した一方で、Eurogamer.netは「3070と3080の間に位置する価格帯で、3070よりも著しくすぐれたパフォーマンスを提供するというコンセプトは素晴らしいものです」「しかし、実際には3070 Tiは前述のアイデアを実現できているわけではなく、3070と比べてわずかなパフォーマンスの向上しか見られず、それでいて価格が20%も高くなっていることを考えると十分なパフォーマンスアップとは言えない」と記しました。

さらに、「3070 Tiをおすすめすることはできませんが、3060 Ti、3070、3080はすべてかなり優れた価値を提供します」と記し、3070 Tiよりも価格と性能面を見た際におすすめできるGPUとして、3060 Ti、3070、3080の3つを挙げています。

Nvidia GeForce RTX 3070 Ti review • Eurogamer.net

No image

https://www.eurogamer.net/articles/digitalfoundry-2021-nvidia-geforce-rtx-3070-ti-review

Engadgetは3070 Tiについて、「2070 SUPERの確実な代替品ではあるものの、3070から大きな進歩は見られません」と指摘。3070 Tiのパフォーマンスは3070からわずかしか向上していないにもかかわらず、価格は100ドル(約1万1000円)も高騰しており、さらに100ドル積めばはるかに高性能な3080を購入できるということで「3070 Tiが売れるのかは誰にもわかりません」と記しました。

3070 Tiのパフォーマンス向上が3070からそれほど見られないことは前述の通り。それ以外にも、3070 Tiは3070よりも多くの電力を必要とするため、何時間もゲームをプレイすると「3070よりも熱くなった」とEngadgetは記しています。実際に同じ環境・構成でゲームをプレイした際、3070は約70度で横ばいになるのに対して、3070 Tiは78度まで上昇したそうです。そのため、3070 Tiは3070よりもよくファンが回ります。

NVIDIA RTX 3070 Ti review: A solid replacement for the 2070 Super | Engadget

No image

https://www.engadget.com/nvidia-rtx-3070-ti-review-2070-super-replacement-130036224.html

PCWorldは3070 Tiについて、「今は購入すべきではありません。単純に価格はバカげたものです。世界的な半導体不足による価格高騰が落ち着くまでは、NVIDIAのGeForce NOWを介してゲームをストリーミングでプレイすることを推奨します」「需要と供給のバランスが今ほど奇抜でなくても、3070 Tiは全力で推奨できるGPUではありません。3070 Tiは3070よりも5~10%ほどしか高速ではないので」と記しました。

3070 Tiの長所としては「優れた1440pおよび4Kでのゲームパフォーマンス」「ゴージャスなデザイン」「超高速なGDDR6Xメモリ」「NVIDIAの優れたソフトウェア(G-SyncDLSSReflexなど)」「クラス最高レベルのレイトレーシングを実現できるDLSS 2.0」の5点、短所としては「8GBのメモリは将来的な4K解像度でのゲーミングで制限になる可能性」「冷却機構が他のRTX 30モデルほど効果的ではない」「同価格帯のGPUと比べてパフォーマンス面では優れたものがない」「醜い12ピンの電源アダプタ」の4点を挙げました。

なお、1440pの解像度で144Hzモニターで最大のフレームレートを求めているようなゲーマーでない限り、「3070 Tiよりも安価な3060 Tiをおすすめする」とPCWorldは語っています。また、4K解像度でのゲームプレイが行いたい場合は、3070 Tiよりも3080をおすすめしています。

Nvidia GeForce RTX 3070 Ti review | PCWorld

No image

https://www.pcworld.com/article/3621007/nvidia-geforce-rtx-3070-ti-review.html

PCMagは3070 Tiの長所として「カードデザインが完璧に近い」「高精細設定で4K解像度で60fps近いフレームレートが出る」「動作時の静音性が高い」「同価格帯のGPUと比べてすぐれたパフォーマンス」の4点を、短所として「負荷をかけると温度が高くなる」「前モデルの3070ほどコンパクトではない」の2点を挙げました。PCMagは「オリジナルの3070から堅調なアップデートを実現しており、4K解像度で適度にゲームをプレイするには賢明な選択肢となるでしょう」と記しています。

Nvidia GeForce RTX 3070 Ti Founders Edition Review | PCMag

No image

https://www.pcmag.com/reviews/nvidia-geforce-rtx-3070-ti-founders-edition

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加