ソフトバンク周東、シリーズ初盗塁に「まず1つ」 昨年は痛恨ミスも

ソフトバンク周東、シリーズ初盗塁に「まず1つ」 昨年は痛恨ミスも

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/11/21
No image

◆日本シリーズ第1戦 巨人1-5ソフトバンク(21日、京セラドーム大阪)

セ界の王者にパ・リーグ盗塁王のスピードを見せつけた。今季50盗塁で初タイトルを獲得したソフトバンク・周東だ。

3打席凡退で迎えた8回に3番手の高橋から四球を選んで出塁。続く中村晃の外角への6球目でスタートすると、捕手の大城はボールが手につかない。悠々と二塁を陥れ、日本シリーズでは初の盗塁をゲットした。

続く中村晃の左前打で、勝利を決定づける5点目のホームも踏んだ。「まず一つできてほっとしている。次ももっと塁に出て(巨人バッテリーを)揺さぶっていきたい」。今シーズンともにレギュラーに定着し、初戦のヒーローとなった栗原に負けじと、大舞台で存在感を示した。

初出場した昨年は代走起用され痛恨のけん制死もあった。「悪い面しかなかった」と振り返っていた頂上決戦だが、堂々の初スタメンを飾って自慢の快足も披露。悪い思い出も払拭(ふっしょく)し、成長も示した一戦になった。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加