独消費者信頼感指数、12月はマイナス40.2に改善=GfK

独消費者信頼感指数、12月はマイナス40.2に改善=GfK

  • ロイター
  • 更新日:2022/11/25

[ベルリン 25日 ロイター] - ドイツの市場調査グループGfKが25日発表した12月の独消費者信頼感指数はマイナス40.2と前月(マイナス41.9)から上昇した。政府のエネルギー高対策が寄与したものの、依然として過去最低付近にとどまっており、消費減が示唆されている。

No image

11月25日、ドイツの市場調査グループGfKが発表した12月の独消費者信頼感指数はマイナス40.2と前月(マイナス41.9)から上昇した。写真は2020年3月、ベルリンにあるスーパーマーケットで撮影(2022年 ロイター/Fabrizio Bensch)

ロイターがまとめたアナリスト予想のマイナス39.6には届かなった。10月は過去最低となるマイナス42.8を記録した。

マイナスの指数は個人消費が前年同月比で減少したことを意味する。

GfKの専門家ロルフ・ビュルクル氏は、家庭向けのガス代支援策などは消費者心理の改善に役立ったが、状況は依然として緊迫しており、エネルギー供給懸念が残る限り、持続的で大幅な回復は見込めないと述べた。

調査は11月3─14日に実施された。

DEC 2022 NOV 2022 DEC 2021

Consumer climate -40.2 -41.9 -1.8

Consumer climate components NOV 2022 OCT 2022 NOV 2021

- willingness to buy -18.6 -17.5 9.7

- income expectations -54.3 -60.5 12.9

- business cycle expectations -17.9 -22.2 31.0

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加