関学大が同大に勝利 大村新監督初陣飾る 関西学生アメフト

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/21

「関西学生アメフト、関学大-同大」(18日、王子スタジアム)

昨季学生日本一の関学大が、55-13で同大を下した。

関学大がいきなり主導権を握った。試合開始のキックオフをリターンしたRB三宅昂輝(4年)が90ヤード走りきって、そのままTD。キックも決まって、開始わずか12秒で7点を先制した。

その後も攻撃の手を緩めず、第1Q3分25秒と、同5分56秒にRB前田公昭(3年)が立て続けにTDラン。同10分56秒には三宅のTDランも決まって、第1Qだけで4TDを積み重ねて27-0とリードした。

第2Qも14点を追加して前半は41-0。メンバーを落とした後半は同大に2TDを返されたが、第4Q8分13秒にTDを奪うなど14点を追加した。

昨季限りで長年チームを率いた鳥内秀晃監督が退任。今シーズンから指揮を執る大村和輝監督が“初陣”を飾った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加