政府、月例経済報告で景気判断を11カ月ぶり下方修正

政府、月例経済報告で景気判断を11カ月ぶり下方修正

  • テレ朝news
  • 更新日:2023/01/26
No image

動画を見る(元記事へ)

政府は今月の月例経済報告で景気判断を11カ月ぶりに下方修正しました。

1月の月例経済報告では景気の基調判断について、先月の「緩やかに持ち直している」から「一部に弱さがみられるものの、緩やかに持ち直している」に引き下げしました。

基調判断の下方修正は「まん延防止等重点措置」の影響があった去年2月以来で、世界的な半導体市場の停滞に加え、中国における新型コロナウイルスの感染再拡大で輸出が弱含んでいることが背景にあります。

また、先行きについても中国での感染再拡大による国内需要の低下など経済にどの程度、影響を与えるかなどが不確実だとして「十分、注意する必要がある」としています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加