京都国際、初戦は同じ初出場柴田 監督は成長に期待

京都国際、初戦は同じ初出場柴田 監督は成長に期待

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/23
No image

春のセンバツ対戦校が決まり、ナインに伝える京都国際・山口吟太主将(左)(撮影・白石智彦)

<センバツ高校野球:組み合わせ抽選会>◇23日

京都国際の初舞台の相手は、同じく初出場の柴田(宮城)に決まった。

左の森下瑠大、右の平野順大(ともに1年)が2枚看板で、投打の柱。昨秋公式戦の打率が3割を超える選手も多く、打線は活気がある。小牧憲継監督(37)は「甲子園の素晴らしい舞台で選手たちが秋からどこまで成長できるか、特等席で見せてもらいたい」と初陣を心待ちにした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加