カッコよくてパワフル、デンマークの小型e-BIKE「MATE CITY」に乗ってきた

カッコよくてパワフル、デンマークの小型e-BIKE「MATE CITY」に乗ってきた

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/07/31
No image

デンマークは「世界一の自転車都市」などともいわれていますが、そんなデンマーク発のe-BIKEブランドに「MATE. BIKE(メイトバイク)」があります。このMATE. BIKEが2021年に日本上陸、その第2弾として、街乗り仕様の折りたたみ式e-BIKE「MATE CITY」シリーズを7月21日に発売します。

メイトバイク、街乗り特化の折りたたみ式ミニベロ電動アシスト自転車「MATE CITY」

折りたたみ自転車というと、軽さを重視するために機能を省いている製品もありますが、MATE CITYはなんとフルサスペンション仕様、ブレーキにはディスクブレーキを採用するなど、自転車としてのこだわりが感じられます。今回、発売前のMATE CITYに試乗できたので、その乗り心地などを紹介しましょう。

○まずは基本性能をチェック

MATE CITYは、タイヤサイズが20×1.5インチの折りたたみ式電動アシスト自転車。バッテリーの違いで2種類のモデルが用意されています。ひとつは、バッテリー出力が36V/13Hの「MATE CITY」、もうひとつは36V/17H出力の「MATE CITY+」です。

MATE CITYは満充電時からの最大走行距離が約80km。対して、MATE CITY+は最大約120kmになります。バッテリー容量以外の仕様は共通で、本体サイズは幅57×長さ160×高さ108cm。重さはバッテリー込みで21.5kgとなります。折りたたみ自転車としては重いですが、電動アシスト自転車としては軽量な部類です。価格はMATE CITYが275,000円、MATE CITY+が319,000円です。

MATE CITYは全体的なスペックもなかなか豪華。まず、サスペンションを前後に搭載したフルサスペンションを採用。段差などの衝撃をしっかりと吸収してくれます。ブレーキは、雨の日でも性能が落ちにくいディスク式です

一般的な電動アシスト自転車は、ペダル軸の付近にモーターを搭載していますが、MATE CITYは後輪の車軸部分にモーターを内蔵しているのも特徴的。このため、ペダル周りのデザインがスッキリしており、一見すると電動アシスト自転車には見えません。

後輪モーターは車体のデザイン性を高めているだけでなく、モーターに不具合があったときのメンテナンス性も高いんです(後輪パーツごと交換可能)。また、ペダル周りに特殊なパーツがないので、チェーンやペダルなども市販品と交換しやすいとのこと。

個人的にかなりポイントが高かったのは、バッテリーが車体フレーム内に格納されているところ。バッテリーが露出していないので、車体が美しく、電動アシスト自転車には見えません。

○パワフルすぎて怖いくらい!? 見た目を裏切るアシスト力!

実際に試乗してみたところ、第一印象は「とにかくアシストが力強い」こと。ペダルを踏み込むとワンテンポ遅れてグイッと力強く加速するので、最初のうちは走り出しにちょっと怖いと感じたくらいです。

日本では時速24kmを超えると電動アシストをしてはいけない規制があるのですが、上り坂でもアッという間に24kmに達して補助がなくなるのを実感。アシストパワーは5段階あるのですが、それなりに角度がある坂でも「2」か「3」で十分と感じました。これならハードな急坂でもスイスイ登ってくれそう。「パワフルなアシスト」を求めているなら、MATE CITYはかなり有力な候補になるはずです。

もうひとつ面白いのが、ウォークアシストとよばれるモード。MATE CITYは、アシスト力を下げる「-」ボタン(ハンドル左側)を長押しすると、ペダルを漕がなくてもアシストパワーだけで前進します。急坂での発進などに利用すれば、スムースなスタートが可能です。また、ウォークアシストは人がサドルに乗っていなくても利用可能(時速6kmを超えないので、電動アシスト自転車として法規をクリア)。近年増えてきた立体駐輪場への駐輪や、歩道橋の急なスロープを押し歩きするのに強力な味方となってくれそうです。

倉本春

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加