タモリが「Mステ」でギネス認定で「100歳超えてもやれたら面白い」! 35周年SPでV6が番組ラストパフォーマンス

タモリが「Mステ」でギネス認定で「100歳超えてもやれたら面白い」! 35周年SPでV6が番組ラストパフォーマンス

  • TVガイド
  • 更新日:2021/10/16
No image

テレビ朝日系の音楽番組「ミュージックステーション」(金曜午後9:00)が、今年で番組スタートから35年を迎え、MCを務めるタモリが「同一司会者による生放送音楽番組の最長放送(英語タイトル:Longest running live TV music show hosted by the same presenter)」(2021年9月17日付)として、ギネス世界記録認定された。

1986年10月の放送開始以来、長きにわたって視聴者を楽しませ、国内外多くのアーティストからも親しまれてきた同番組。87年4月3日から司会に就任したタモリは、今年9月17日放送時点で34年168日、計1365回の在任となり、本記録は書籍「ギネス世界記録2022」日本語版(11月17日発売)に掲載予定となっている。

No image

タモリは、14年にも「森田一義アワー 笑っていいとも!」(フジテレビ系)で「同一司会者による生放送バラエティー番組エピソード最多」としてギネス世界記録更新を達成している。

このたび、二度目のギネス認定となったことについて、タモリは「1回もらうだけでも大変なことだと思うのに…。決して自分を褒めているわけではないですけれど(笑)、2回もいただけるなんて思ってもいなかったので、大変光栄なことです」とコメント。

また、この35年間で一番印象的な出来事、記憶に残っている出来事は「それはやはり、t.A.T.u.でしょう!(笑)。あれは忘れられないですし、あれを超える出来事はないでしょうね…」と、03年の「t.A.T.u.ドタキャン事件」を挙げ、これだけ長く番組が続く秘けつを「ひとえにスタッフの努力だと思います。皆さん、本当によくやってくれていますから」と感謝の気持ちを語った。

休みたいと思ったことはないそうで「最新の音楽を生で聴くことができる、というなかなかない番組ですから、何よりも楽しいという気持ちが強いですよ。芸能界に入ってよかったな、と思っています」と答え、今後の目標については「ないですね(笑)。100歳超えてもやれたら面白いですけどね」と笑顔を見せた。

No image

そして、10月15日に放送される「ミュージックステーション35周年記念4時間スペシャル」(午後6:00)では、今年11月1日をもって大きな区切りを迎えるV6が、番組ラストパフォーマンスを披露。さらに、V6と「Mステ」の26年間を全160回に及ぶ出演映像とともに振り返る。

デビュー後、初めて登場した回から、V6のお家芸ともいえるド派手なアクロバット、森田剛、三宅健、岡田准一によるComing Century(通称・カミセン)、坂本昌行、長野博、井ノ原快彦による20th Century(通称・トニセン)としての出演シーン、TOKIOとのコラボ、バックストリート・ボーイズとの共演など、同番組ならではの場面が続々登場するなど、年齢を重ねるごとに見られていったメンバーたちの外見・内面の変化も合わせ、V6の歴史を貴重映像でプレーバックする。

番組ラストパフォーマンスでは、国民投票で選ばれた「V6に最後の『Mステ』で歌ってほしい曲」をメドレーで届ける。なんと堂々の1位に選ばれたのは、ファンからも人気の高いあの楽曲。豪華パフォーマンスは見逃せない。

また、郷ひろみ自身初の試みとなる「ひろみ5択」では、50年分の名曲の中から本人が5曲を厳選。生放送中に視聴者生投票を行い、その中で、投票数が多かった上位3曲をスタジオで熱唱。郷自身が選んだ注目の5曲は、「2億4千万の瞳」(1984年)、「GOLDFINGER’99」(99年)、「言えないよ」(94年)、「お嫁サンバ」(81年)、「よろしく哀愁」(74年)というラインアップ。ぜひ当日の生放送中に「ひろみ5択」に参加して盛り上がりたい。

人気演出振付家・MIKIKOのプロデュースで一夜限りのステージを作るPerfume&三浦大知。「Mステ」のためだけに作り上げられる日本最高峰のダンスパフォーマンスショーを前に、Perfumeのあ~ちゃんは「MIKIKO先生が演出する10分間、みんなが見たかったこれぞ今のニッポン!を、惜しげもなく披露したいです」と話しつつ、「三浦大知さんとのコラボパフォーマンスは、独特なグルーブ感についていけるか、心配です!(笑)」と心境を明かしている。のっちは「全員そろってのシーンは見どころになるはず! MIKIKO先生の頭の中を体現したいです」と意気込み、かしゆかも「尊敬する方々と一緒にパフォーマンスすると知って、うれしい半面めちゃ緊張しました。ここでしか見られない一度きりのコラボパフォーマンスなので、ぜひ見てください!」とアピール。

振り付けを担当した三浦は「Perfumeさんと踊らせていただくのは初めてなので、4人で踊る振り付けは悩みましたが、見たことのないPerfumeさんを引き出せたらいいなと思い作りました」と注目ポイントを述べ、「自分の曲にMIKIKOさんの振り付けがついていたり、Perfumeさんの楽曲に自分の振り付けがついていたり、と『Mステ』でしか見られないものになっていると思います」と見どころを語った。

椎名林檎は自らメンバーを厳選し、今回のオンエアのために結成した女性だけのバンド・Elopersで登場。ボーカルにBiSHのアイナ・ジ・エンド、ギターにチリヌルヲワカのユウ、ベースにBase Ball Bearの関根史織、ドラムにゲスの極み乙女。のほな・いこかを迎え、椎名もギターで参加し、東京事変の1stシングル「群青日和」を披露。「パフォーマンスの見どころは大人げない8ビート」と話す椎名は、「以前『Mステ』出演時に目の当たりにしたアイナ・ジ・エンドの生の声にくぎ付けになり、今回、思い切ってボーカルをお願いしました」と明かしている。

ほかにも、松田聖子が東京・豊洲「チームラボプラネッツ TOKYO」の1万3000株を超えるランで彩られた特別ステージから「瞳はダイアモンド〜Diamond Eyes〜」を、LiSAは「劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア」の主題歌「往け」をアニメの特別映像をバックにパフォーマンスするなど、盛りだくさんの内容でおくる。

番組では、このほかKing Gnu、米米CLUB、櫻坂46 、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、清水美依紗、Stray Kids、ナオト・インティライミ、なにわ男子、PUFFY、B.B.クィーンズ、宮本浩次、May Jら、超豪華アーティストが登場する。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加