ベンチマークはトゥアレグR? VW『ティグアン』次期型、クーペボディも世界展開か

ベンチマークはトゥアレグR? VW『ティグアン』次期型、クーペボディも世界展開か

  • レスポンス
  • 更新日:2022/11/28
No image

VW ティグアン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

もっと画像を見る

VWの人気SUV『ティグアン』が、2023年にもフルモデルチェンジを迎える。開発中の次期型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」が捉えた。

「マウスみたいでクール」新型プリウスとクラウンは、EV推しのLAショーでどう受け止められたか

ティグアンは『トゥアレグ』の弟分にあたるコンパクトSUVで、2007年に登場。2011年に初のフェイスリフトを受けた。第2世代となる現行型は、「MQB」プラットフォームを採用し2015年に登場。2020年にプラグインハイブリッド(PHEV)「eハイブリッド」の追加を伴う大幅改良がなされている。

No image

捉えたプロトタイプは、9月に目撃されたテスト車両から大きな進化は見られない。しかし、今回はトゥアレグRを従えていることに注目だ。通常プロトタイプに伴う車は、そのベンチマークとするモデルが一般的だが、兄貴分の、しかも「Rモデル」とパフォーマンスとクオリティに並ぶとは考えにくい。単にサポート車両として伴走しているだけかもしれないが、電動パワートレインの開発などを同時に進めている可能性もある。

電動化が進む自動車業界だが、ティグアン次期型では、さまざまな形式の内燃機関(ICE)が引き続き提供される。いずれはティグアンもEVのみのラインアップになると考えられるが、少なくともあと1世代はICEが存続する。

ティグアン次期型は、電動ブランドのIDファミリーからデザインのインスピレーションを得ることがわかっている。フロントバンパー下部には、全幅に広がる大開口インテークを装備。コーナーには現行型に似せたインテークのステッカーがみえるが、より直立に、より四角い形状になると予想される。全体的にみると『ID.4』とトゥアレグをミックスしたイメージで、ラインLEDヘッドライトとテールライトなど、デザインの特徴を受け継ぐことになる。

No image

キャビン内では、中央タッチスクリーンがダッシュボードとは独立した、まったく新しいレイアウトが見てとれる。空調やナビ/ラジオの操作など、ほとんどの機能がディスプレイ上に集約されるはずだ。一方、ダッシュボードの残りの部分はカバーされているため、詳細を推測することは不可能だが、デジタル化、高級化路線は確実と言えるだろう。

プラットフォームにはEV向けの「MEB」ではなく、「MQB Evo」の進化系を採用。ボディの拡大が予想されており、ロングホイールベースの「オールスペース」と統合される可能性がある。

ティグアン次期型のワールドプレミアは、2023年内と予想されており、中国専売の『ティグアンクーペ』の他国導入も噂されている。

トヨタ プリウス PHEV 新型、米国仕様はEVモード40km...ロサンゼルスモーターショー2022

メルセデスベンツ CLA が全モデル電動化!大幅改良で2023年登場へ

Spyder7編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加