消費税約4900万円脱税か 元税理士の社長を刑事告発

消費税約4900万円脱税か 元税理士の社長を刑事告発

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/06/23
No image

動画を見る(元記事へ)

イタリア製の高級カシミヤニットの輸入販売を行う会社と元税理士の社長が、消費税およそ4900万円を脱税したとして東京国税局から刑事告発されました。

「オノダインターナショナル」と駒井伸俊社長(54)は、3年間で消費税などおよそ4900万円を脱税した疑いが持たれています。

会社は1着24万円のカシミヤのカーディガンなどをイタリアから輸入して大手百貨店などに販売していて、3年間の売り上げはおよそ5億9000万円だったということです。

関係者によりますと、駒井社長は元税理士であるにもかかわらず、帳簿をつけておらず、脱税で得た金は事業資金などに充てていました。

駒井社長は「国税局のご指導に従い、納税も一部済ませております」とコメントしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加