名護市長選と南城市長選 自宅・ホテル療養者は「郵便投票を」

名護市長選と南城市長選 自宅・ホテル療養者は「郵便投票を」

  • RBCニュース
  • 更新日:2022/01/14

名護市長選挙、そして同じ日に行われる南城市長選挙について、選挙管理委員会は新型コロナに感染し自宅やホテルで療養している人に郵便での投票を呼び掛けています。

郵便投票を利用するにはまず、市の選管のホームページや電話で請求書を取り寄せます。
療養者を受け入れているホテルにはすでに配布済みだということです。

この請求書に氏名や住所などを記入し、それぞれの市の選管に送付します。
締め切りは投開票日の4日前、19日、水曜日の午後5時必着です。

その後、療養中の場所に投票用紙や返信用封筒が送られてきます。
投票用紙に候補者名を記入して封筒に入れ1月23日必着で返送するという流れです。

この郵便投票は自宅やホテルで療養する人が対象で、入院中の有権者は従来の不在者投票を利用できるため該当しません。

また、濃厚接触者の投票は「不要不急」の外出にあたらないと国が示しているため、自主隔離中の方は投票所で投票できます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加