NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
Windows 10ミニTips 第634回 Microsoft Edgeのアドレスバーに「edge://about」と入力すると?

Windows 10ミニTips 第634回 Microsoft Edgeのアドレスバーに「edge://about」と入力すると?

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/07/23
No image

「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

Windows 11に備える - TPMを有効化する

Microsoft Edgeは「edge://○○」という独自の内部プロトコルを用いて各種設定を呼び出せる。これはChromiumベースのWebブラウザーに共通する機能だが、「○○」で指定可能な文字列は推測するか、該当ページを開いた際にアドレスバーを確認するしかなかった。

すべての単語を一覧でまとめようかと調査し始めたところ、もっとも簡単な方法に出くわした。それが「edge://about」である。

上図のとおり使用しているMicrosoft Edgeがサポートしている内部プロトコルの一覧が現れるのだ。これらはリンク形式なので、そのままクリック/タップすれば該当の設定ページや情報ページが現れる。

なお、「edge://about」で開くリンク集は「edge//edge-urls」でも参照できるので、覚えやすい方を暗記して使うことをお薦めしたい。

著者 : 阿久津良和 あくつよしかず 1972年生まれのITライター。PC総合誌やDOS/V専門誌、Windows専門誌など、各PC雑誌の編集部員を経たのちに独立。WindowsとLinuxをこよなく愛しつつ、PC関連の著書を多数手がける。近年はBtoCにとどまらず、BtoBソリューションの取材やインタビューが主戦場。休肝日を設けず日々飲み続けてきたが、γ-GTP値が急激に増加し、早急な対応を求められている。 この著者の記事一覧はこちら

阿久津良和

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加