日本ハム・樋口 裕次郎さん眠る総持寺で決意の初詣!レギュラー、そして令和のスターになる!

日本ハム・樋口 裕次郎さん眠る総持寺で決意の初詣!レギュラー、そして令和のスターになる!

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/15

日本ハムの樋口龍之介内野手(26)は千葉・鎌ケ谷の2軍施設で自主トレを行った。野村佑希内野手(20)、メジャー通算19本塁打の新助っ人、R・ロドリゲス(前ブルワーズ)を交えた正三塁手争いが熱くなる。

No image

ノックを受ける樋口(撮影・沢田 明徳)

目指すのはレギュラー。でも、その前に使える選手になる。昨シーズン中に育成から支配下選手となった樋口は、プロ2年目へ熱い思いを抱いていた。

「レギュラーを目指すけど(試合の途中で)代わって出ても、レギュラーと遜色ない選手になりたい」。ランニングにキャッチボール、ノックなどこなした樋口はこうも言った。「目標はない。ただ、どんな場面でも使える存在になりたい」。

プロ1年目の昨年は2軍で打ちまくり、9月に支配下契約し1軍デビュー。10月25日の楽天戦でプロ1号も放った。迎えた今季。自主トレをあえて単独で行っている。昨年は母校・横浜の先輩の近藤と徳之島で合同自主トレを行ったが「試合では誰も力を貸してくれない。自分で考えてやりたいと思った」。し烈な正三塁争いに、走攻守全てにレベルアップを図っている。

初詣は地元・横浜市の総持寺で「1年間ケガしないように」と願った。同寺は昭和の大スター、故石原裕次郎さんの墓があることで有名。樋口は「使える選手」となって、令和のスターを目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加