本物の天才の特徴30個!恋愛しない?天才は天才に惹かれる

本物の天才の特徴30個!恋愛しない?天才は天才に惹かれる

  • fuelle
  • 更新日:2022/06/23

本物の天才の特徴は?天才は恋愛しない?天才は天才に惹かれる?天才と秀才の違いや、天才の幼少期の過ごし方、本物の天才の日本人などについても解説します。

頭が良いなと感じる人と会ったことはありませんか?テストの点数が良いというだけでなく、普段の会話からでも頭が良いと感じることはあるはずです。

そのような人と出会うと天才だと思うものですが、実は天才ではなく秀才なのかもしれません。天才と秀才は同じだと思われがちですが、根本的な部分でこの2つには違いがあります。

■ 本物の天才とは?秀才との違い

本物の天才というのは、自分の興味がある分野でズバ抜けた結果を残すことができる人になります。天才は興味を抱いた分野への探究心が素晴らしいため、それまでに知られていないことを発見したり、アレンジを加えて進化をさせることができるのです。

また天才のように頭が良く良い結果を出せる人に、秀才と呼ばれる人達がいるでしょう。

頭が良いという点で天才と秀才は同じですが、人一倍努力をして理解をしているのか、それとも努力はあまり必要ではないのかという違いがあります。

天才はそれほど努力をせずとも、何事も理解して吸収することができますが、秀才は人一倍の努力をしており、凡人よりも努力したうえで理解して吸収をしているのです。

■ 本物の天才の性格や言動の特徴30個

No image

(画像=『Spicomi』より引用)

(1)物事を捉える視点が他とは違う(2)集中力が高い(3)周りに流されない(4)頑固者(5)頭の回転が速い(6)突出した結果を出す(7)理解しやすい話し方をする(8)自分に対して厳しい(9)努力を苦痛に感じない(10)マイペース(11)他人に興味を抱かない(12)協調性が乏しい(13)意志が強い(14)興味がないことにはズボラ(15)チャレンジを続ける(16)即決ができる(17)字が汚い(18)熱中しやすい(19)話題が独特(20)好奇心旺盛(21)感受性が高い(22)ポジティブ思考(23)無邪気(24)現状に満足しない(25)集団生活を嫌う(26)本を読むことが好き(27)早口で話す(28)他人を見下す(29)理解力が高い(30)1人の時間を過ごす

同じ事柄に対して普通の人とは違う視点で物事を考えることができるのが、本物の天才といわれる人です。本物の天才は先入観や固定概念といったものを持ち合わせておらず、独自の基準があるからでしょう。

自分が興味のある内容に対しては、執着しているといえるほどの集中力を発揮してとことん追求をするような性格をしています。

しかしその反面で自分が興味のない事柄に対しては、一切興味を示さずに適当でズボラな一面を見せるのです。

また天才は独自の基準がありますから周りの人の意見に流されず、自分の目や価値観で納得をしない限りは意見を変えることはありません。そのため、周りの人からは頑固者だという印象になってしまうでしょう。

人が理解をしやすいように話すことができますが、頭の回転と同じ速さで会話をしてしまうため、早口になってしまう場合が多いのです。そして自分の考えている速度で字を書く傾向があり、字が読めないくらい汚いこともあります。

■ 本物の天才の幼少期の過ごし方

幼少期であっても本物の天才は、他の子供とは違う過ごし方をするようになります。

他の子供とは話題が噛み合わないことが多くなり、自分の興味が惹かれる事柄に関する本を読んで過ごすことが多いのです。そして疑問に思うことが出てくると、近くにいる大人に質問をして理解をしようとするでしょう。

また本物の天才は理解力も幼少期から高いために、一度聞いたことは覚えて吸収をします。

周りの子供達が皆んなと仲良く遊んでいても、どこか冷めたような態度で過ごしていることが多くなり、やがて1人で過ごす方が好きになっていくのです。

自宅や学校でも常に1人で本を読んで過ごす時間が多くなっていき、自分と同じ事柄に興味を持っている子供としか友達にはなりません。

■ 天才は天才に惹かれる?

類は友を呼ぶという言葉があるように、天才は天才に惹かれてしまうものです。自分が知らないことを深く知っている人に興味を惹かれ、お互いに刺激し合える相手を好むようになります。

一言で天才といっても、興味を刺激される分野は違う場合もあるでしょう。しかし、お互いの興味がある分野に関わりがある場合には、天才同士にしか分からない話題などが交わせるので惹かれてしまうのです。

また、今までは凡人には理解が出来なかった内容でも熱く語り合えるので、天才同士が理解し合えるまでの時間も必要ありません。そしてお互いの知識を与え合う際でも、頭の回転の速さが似ている傾向が強いため、気を遣わずに気楽に楽しい時間を過ごすこともできます。

■ 天才は恋愛しない?

自分の興味がないことには無関心である天才ですが、恋愛をしないということはありません。興味を抱いている事柄に恋愛が絡む場合は当然ですが、一緒に自分の探究心を満たしてくれる人には惹かれてしまうのです。

また天才には好奇心が旺盛な一面がありますから、異性の考え方や生態などに興味を抱けば、とことん恋愛体質になってしまう場合もあるでしょう。

ですから、天才だからといって研究や探究心ばかりを追い求めるとはいえず、恋愛をすることだってあります。

■ 天才が好きな女性のタイプ

恋愛をする場合でも天才の男性は1人の時間を大切にする傾向があり、それを受け入れてくれる女性を好きになる傾向が強いのです。自分の時間を拘束されるのは嫌いなので、束縛をせずに自由にさせてくれる女性を好みます。

また女性の見た目にはあまり興味を抱かず、人として自分が学ぶことができ、可能であれば尊敬ができる女性を好むでしょう。

自分の知らない事柄があると知りたい欲求にかられることが多いため、自分とは正反対の価値観などを持っている女性に惹かれる場合もあるのです。そして、自分の興味がある事柄に関心を示してくれる女性にも好意を抱きやすくなります。

■ 天才は群れない?近寄りがたい?

自分1人で過ごす時間を好む天才は、周りの人達と群れて過ごす時間は少ないでしょう。天才は興味の湧かないことに対しては、自分の時間を使うことを嫌う傾向があるため、周りに合わせて過ごすことが苦手なのです。

同じ事柄に興味を持ち同じくらいの熱量を持っている人とであれば、一緒に過ごすことはありますが、基本的には天才は一匹狼で群れることはありません。

また独特の雰囲気を天才が出しているために、周りの人達が近寄りがたいと感じることも多々あるでしょう。そして天才に話しかけて行ったとしても、話題がなく会話が続かない場合が多くなってしまうのです。

■ 天才は抜けてる?当たり前のことができない?

自分の興味がない事柄には無関心なタイプの天才は、周りの人達には当たり前のことができない場合もあります。基本的に天才は無関心なことをやろうとは思わないため、実はできないことが多いものなのです。

周りの人達が普通にやっていることでも、天才にとっては不要なものという判断をしていますから、やる必要がないという判断なのでしょう。

周りとの協調性を重んじて交流を深めるとか、初対面の人とでも親しくできる世渡り術などに関しては、特に天才はできない傾向が強くなります。人に自分のことを理解してもらおうという考えがないため、世渡り術などは不要になってしまうのです。

多くの人が利用しているアイテムでも、天才は触れた経験がないことも多くなり、できないと知った人達からは抜けているという印象を抱かれる場合もあるでしょう。

■ 本物の天才の日本人10人

本物の天才だといわれている日本人には、このような人達がいます。

北野武

イチロー

宮崎駿

明石家さんま

中田英寿

秋元康

藤井聡太

林修

古澤明

羽生結弦

■ まとめ

頭が良い天才と秀才では、大きく違う点があります。本物の天才は、それほど努力をせずとも知識を吸収して自分のものにすることができるのです。しかし秀才は人一倍の努力をして知識を吸収しているでしょう。

また、本物の天才は幼少期から周りの子供達とは違う過ごし方をするようになり、自分の興味がある事柄には熱心に探究をするようになります。

提供・Spicomi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加