甲子園の入場行進、先導役は三田西陵高・東尾凜さん 女性の主将「堂々と歩けた」

甲子園の入場行進、先導役は三田西陵高・東尾凜さん 女性の主将「堂々と歩けた」

  • 神戸新聞NEXT
  • 更新日:2022/08/06

立つことはないと諦めていた聖地を、しっかりと踏みしめた。6日に西宮市の甲子園球場であった全国高校野球選手権大会の開会式で、出場校の入場行進を三田西陵(兵庫)で野球に取り組んだ3年の女子生徒、東尾凜さんが先導した。

No image

入場行進を先導する三田西陵の東尾凜さん=6日午前、甲子園球場(撮影・中西幸大)

小学2年で野球を始め、三田市立藍中軟式野球部でも男子とボールを追った。高校では公式戦には出られないが、遠投85メートルを誇る強肩捕手としてプレー。練習にも学校生活にも誠実に取り組む姿勢から新チームの主将を任された。

今夏の兵庫大会では試合前のノッカーやボールガールを担当したものの、初戦で敗退、引退した。先導役は兵庫県高野連の推薦を受けて選ばれた。

この日は3年間使った野球部の試合用帽子をかぶり、胸を張って先頭を歩いた。取材に対し「甲子園に立つ可能性は0%だと考えていた。堂々と歩けて良かった」と話した。卒業後も野球を続けて、小学校の教員として競技の面白さを伝える夢を描く。(初鹿野俊)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加