インドの村を2年間、恐怖に陥れた〝殺人象〟捕獲 2か月の訓練後、半野生の状態に戻す

インドの村を2年間、恐怖に陥れた〝殺人象〟捕獲 2か月の訓練後、半野生の状態に戻す

  • 東スポWEB
  • 更新日:2023/01/25
No image

捕獲された殺人象(「マノラマニュース」の公式サイトから)

2年間、インドの村で人を殺し続けてきた〝殺人象〟が22日に捕獲された。インドメディア「マノラマ・ニュース」が連日報じている。

ケララ州パラカッド地区のドーニ村で、殺人象は2年間暴れ回った。家を壊し、車を踏みつぶし、人を殺してきた。昨年末に村人の腕を引きちぎり、男性を殺害したことが分かっている。この象は「パラカッド・タスカー(大きなキバ)―7」、通称「PT―7」と呼ばれる20歳のオスの象で、体重は3・5トン。

野生動物医師アルン・ザカリア博士が捕獲を指揮した。ブルドーザーで象が潜んでいる森の木を一掃し、丸太を組んで巨大な囲いを作った。そして72人の人間と、飼いならされた3頭の象でPT―7を探し、8時間かけて見つけ出した。強力な麻酔銃を首に撃ち込み、30分後に倒れた。そして鎮静剤を5回打ちながら、7時間寝かせた。

もうろうとして起き上がったPT―7のお尻や頭などを、人間が乗った3頭の象が突っつきながら、囲いに追い込み捕獲完了。その後、PT―7の目を大きな布で覆い、落ち着かせて、トラックに乗せることに成功した。野生動物は目隠しされると反抗しなくなるという。その後、傷ついた象などを保護するキャンプに送られた。

この地域には暴れ象が何頭かいて、PT―7は7頭目に発見された暴れ象だった。ザカリア博士によると、人、家屋、車が受けた被害の9割がこの象によるものとされる。現在、村の名前にちなんでドーニと改名され、人を襲わないように2か月の訓練後、半野生の状態に戻されるという。

東スポWEB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加