加賀原地域ケアプラザ カブトムシで地域交流 8月11日にイベント〈横浜市都筑区〉

加賀原地域ケアプラザ カブトムシで地域交流 8月11日にイベント〈横浜市都筑区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/08/06

加賀原地域ケアプラザ(五十嵐徳所長)で8月11日(木)、世界のカブトムシやクワガタが大集合するイベント「インセクター2022インカガハラ」が開かれる。

昆虫好きの五十嵐所長が「地域の子ども達の夏休みの思い出づくりになれば」と考案し、2019年から続くイベント。

当日は所長自身やブリーダーによって飼育された500以上の国内外のカブトムシやクワガタの幼虫や成虫の展示や販売が行われる(午前11時から午後5時)。

そして今年新たに企画したのが「昆虫食」を楽しむコーナー。「新たな食の可能性と捨てない活用」を目指す飲食店「BistroRIKYU」のシェフを招き「コオロギアイス」や「タガメサイダー」など、昆虫加工品を提供する。五十嵐所長は「こんなに美味しく食べられるのかという発見になると思う」とチャレンジを呼びかける。

当日は夏祭りを同時開催。焼きそばや綿菓子、ヨーヨー釣りなどの模擬店や、キーホルダーやTシャツづくりのワークショップも(午前11時から午後2時)。「夏を満喫できるイベント。よりケアプラザに親しんでもらえたら」と職員たち。問合せは同ケアプラザ(【電話】045・944・4640)。

No image

来場を呼びかける五十嵐所長(左)と職員たち

タウンニュース都筑区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加