[プリンスリーグ北海道]旭川実が東海大札幌を1-0で下し、暫定首位浮上:第4節

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/07/22

高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2021 北海道は20日、第4節の東海大札幌高旭川実高戦を行い、旭川実が居林聖悟の決勝点によって1-0で勝った。6勝1分1敗とした旭川実は、消化試合が1試合少ない北海道コンサドーレ札幌U-18をかわし、暫定首位浮上。東海大札幌は1勝6敗で暫定8位となっている。

【第4節】
(5月5日)
[札幌大谷学園丘珠G]
札幌大谷高0-4北海道コンサドーレ札幌U-18
[札]瀧澤暖2(36、90+3分)、オウンゴール(64分)、西田将也(71分)

[伊達まなびの里公園サッカー場]
北海道大谷室蘭高1-2札幌創成高
[北]田中拳心(12分)
[札]ディアロ航(65分)、北村慶(71分)

[苫小牧緑ヶ丘(人工芝A))]
駒大苫小牧高2-3札幌一高
[駒]キム・ドンヒョク(38分)、太田翔偉(82分)
[札]中井駿(35分)、早川航生(45+2分)、奥野尊琉(47分)

(7月20日)
[SSAP(人工芝)]
東海大札幌高0-1旭川実高
[旭]居林聖悟(69分)

※日程はJFA参照

▼関連リンク
●高円宮杯プリンスリーグ2021特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加