未利用食品や端材原材料のマッチングサイト「シェアシマ・アップサイクル特集」を開設

未利用食品や端材原材料のマッチングサイト「シェアシマ・アップサイクル特集」を開設

  • Web担当者Forum
  • 更新日:2022/06/27

ICS-netが長野市の産官学連携組織の実証実験で設置、食品ロスのない社会の実現目指す

食品流通スタートアップのICS-net(長野市)は、運営する食品原料プラットフォーム「シェアシマ」で、未利用の食品原材料に対象を絞ったマッチングサイト「シェアシマ・アップサイクル特集」を開設する、と6月22日に発表した。8月のサービス開始に向け、食品原料を取り扱う売り手の事業者の募集を始めた。未利用の食品原料に絞ったマッチングサイトをつくり、フードロスのない社会の実現に向けた取り組みを加速する。

No image

アップサイクル特集は、未利用の食品原料を売買して必要とする人につなぐプラットフォーム。一次・二次産業や食品加工など食品流通の過程で未利用品となり、廃棄せざるを得なくなった食品原材料を登録するだけで売り先を見つけることができる。長野市を中心とした一次から三次にまたがる食品関係事業者のプラットフォームと連携して、新商品開発の取り組みに加わることもできる。

ICS-netは、使えなくなった食品原材料を活用して新商品を生み出す「サーキュラーフードプロジェクト」を推進中で、マッチングサイトはSDGs(持続可能な開発目標)に対応した循環型社会を目指す長野市の産官学連携組織「NAGANOスマートシティコミッション」の実証実験として設置する。コストをかけずに未利用品や可食部端材を出品でき、食品ロスを減らしてSDGs達成に貢献して、自治体と共同の取り組みとしてアピールできる。

No image

この記事の筆者

フリーランス記者・編集者。インプレス「Web担当者Forum」ニュース担当。「ASCII STARTUP」でも執筆。東洋経済新報社「会社四季報」センター記者。毎日新聞社で電機メーカーや通信業界、東証、総務・経産・国交省など取材し、ニュースサイトの編集10年を経て2019年9月退社し独立。twitter:@nobochan

小島昇(Web担編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加