小山田圭吾のいじめ告白問題 NHKには10年前にも視聴者から問い合わせあったと説明

小山田圭吾のいじめ告白問題 NHKには10年前にも視聴者から問い合わせあったと説明

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/07/21
No image

小山田圭吾

NHKの正籬聡放送総局長が21日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、学生時代のいじめ告白問題で東京五輪開会式の楽曲制作担当を辞任したミュージシャン、小山田圭吾(52)について言及した。

20日に小山田が音楽を担当しているEテレ『デザインあ』と『JAPANGLE』の放送を当面の間見合わせることを発表しており、「本人が過去の記事の内容を認めていることなど、一連の経緯を踏まえて判断した」と改めて説明。

また、『デザインあ』が始まった2011年には視聴者から小山田の起用について問い合わせがあったことを明かし、担当者は「所属事務所から本人が反省して後悔していると聞いて、当時は受け入れたと聞いている」と説明。今回は見合わせたことについて正籬氏は「東京五輪・パラリンピックで多様性を認め合う共生社会を実現したいと考えている。その中で判断に至った」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加